「鬼束ちひろ/Castle Imitation」のアルバム版とシングル版の違い

スポンサーリンク

今回も一連の流れをつらつらと。
この前の、中島みゆきの「悪女」の記事と同じです。
バージョンによって心情が違いすぎて何だこれはと思いまして。
シングル版、今の今まで聴いたことなかったんですよ。
手元にあるのにケースから出したことも無かったです。

中島みゆきの「悪女」の記事はこちら。

WhiteAlbum2の「悪女」から始まった一連のストーリー #中島みゆき
著作権の本来の目的をJASRACには改めて問いたい今日この頃。 何でもかんでも縛っていい曲の情報が入らなくなるのは本末転倒です。 今...

今更これを引っ張りだして何があったの?

鬼束ちひろの3rdアルバム「suger high」を久々に聴いていて。

システムの調子が良くて面白く聴けるようになっていたので
違和感が強くてなかなか聴いていられなかったこのアルバムを
久々に聴いていたんですよ。今は違和感があまり出なくて、
システムの調子自体はかなり悪い感じなのですが。

で、このアルバムは音が悪いけどやっぱり曲は素晴らしいなと
思って、軽く紹介記事でも書こうかと思ってお気に入りの
曲を出していったところに残ったのが
こちらの「Castle Imitation」、あとは「声」と「漂流の羽根」です。

「Castle Imitation」はずっとアルバム版を聴いていたのですが、
どういう歌詞なのか私の記憶にはほとんど残っていなくて。
でも、随分と声に説得力というか強さがあって。

紹介記事を書くなら歌詞を見たほうがいいよねと思って
探したら、意味不明の単語が羅列してるじゃないですか。

「貴方の脳はケースの中に?」ですよ???
「脳」じゃなくて別の意味の「のう」なのか、
それとも私の聞き間違いかと思っていましたけど、
本当に「脳」と書いてあって。

他の部分の歌詞も意味がぜんぜんわからなくて。
何でこんな歌詞が出てきたんだと思っていたら、
ゲームのED曲というじゃないですか。

ならこれはゲーム版を聴いてみないと分からないと思って、
動画を探して再生して、
ああ、これならアルバム版の方が音がいいじゃない、
シングル版テンポ早すぎで半音高いじゃない、
そんな風に思っていたら、いつの間にかボロ泣きですよ。

アルバム版でそんな風になったこと一度もないのに。
これが今回の顛末でした。

ただ、シングル版はゲームを最後までクリアした人以外は
繰り返し聴くものでは無いと思います。
あんなにボロ泣きしたのに2回目以降はあっさり聴ける始末で、
本当にこの曲は意味が分かりません。

で、少し整理してみる

ゲームの実況動画がありました

サビに込められた想いの強さが半端ないのだけど、
ゲームをやっていない私にはその強さの根底にあるものが分からない。

このゲームの実況動画がニコニコにあがっていて、
タグに「泣き過ぎだよ・・・」ってのがあるくらいですから、
これは実況動画を追うだけじゃ勿体なさ過ぎると思って
まだ動画を見ていないので、分からないまま書いています。

実況動画はこちらです。
動画は第一回だけはコメントありで、
それ以降はコメント無しで見ることをお薦めします。
(ネタバレを避けるため)

第一回

最終回

歌詞の内容について

どちらのバージョンも、一番最後の「私の焦りを吸い上げるヴィーナス」
から始まる部分での気持ちの入り方が特に強いと感じます。
シングル版はひとつ前の「私の怒りを吸い上げるヴィーナス」から
その強さが持続している感じ。

ゲームの概要、曲の解説はこちらのサイトに譲ります。

鬼束ちひろ『Castle・imitation』の歌詞を
ドラクォと絡めてなんとか考察しようとする記事
http://water1125.blog66.fc2.com/entry/326/

概要だけ引用させて頂きます。

ちなみに、『ドラクォ』のストーリーを、すげー簡単に誤解を恐れずに説明すると、厳しく統制された地下世界に住む半分おちこぼれの少年が、たった一人の女の子を救うために「空」を目指すべく「世界」にケンカを売る刃向かうSFアクション(バイオレンス)なボーイミーツガールRPGです。

私好みのストーリーになっています。
だから鬼束ちひろに曲の発注を掛けたのでしょう。

このあたりの根底にあるものが全部一本に繋がるこの感じは、
何なのでしょう。

シングル版の動画はこちら

アルバム版の動画は見つからなかったので
レンタルするのが一番確実かなと思います。

ブレス オブ ファイア V ドラゴンクォーター
ブレス オブ ファイア V ドラゴンクォーター
発売日:2002/11/14
価格:¥2,480

Sugar High (初回限定盤)
Sugar High (初回限定盤)
発売日:2002/12/18
価格:¥4,049

初回限定盤じゃないとシングル版は付いてこないです。

私の歌詞の解釈は別記事になります

こちらです。

「鬼束ちひろ/Castle Imitation」の歌詞を解釈してみたよ
結局意味がわからないままだったので ゲームの実況動画を全部見ました。 大分長いなと思っていましたが、体調が悪いのをいいことに 動けない...
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TrackBack URL :
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

/////////////////////////////////// // ★Amazon用JavaScript /////////////////////////////////// ?>