PCオーディオの音質向上テクニックのランキングをまとめています

スポンサーリンク

windows8.1logo

ようやく個別記事に切り出す時間ができました。
以後はこの記事をまとめページとしてひたすら更新していきます。

カテゴリTOPに設定してありますので、カテゴリでPCオーディオを
選択して頂ければトップに出てくるようになっています。
http://purepure.wp.xdomain.jp/archives/category/audio/pc_audio

#2016-0728更新 50万のSACDプレイヤーを超えるための内容を追加
#2016-1030更新 Windowsの設定についての内容を追加

この実験のテーマとランクの説明

この実験のテーマというか私のとりあえずの野望は、
PCオーディオで大切なものが何なのかを明らかにすることです。

何をやっても激変激変じゃ何が効果的か全く分かりません。
ですので、私が試したものは全てランキング化して
他の方の参考にしてもらう、というのが大筋となります。

ランクの意味

・SS:いいからやっとけ。
・S:機材のグレードアップ並に改善されるもの。
・A:5つくらい積み重ねればSに並ぶくらいのもの。
・B:5つくらい積み重ねればAに並ぶくらいのもの。
・C:Bに届かないもの。限界まで詰めた人が語れるライン。

私の独断と偏見で決めたものです。

ただ、環境によって音の変化は大きく変わります。
私のところで効果が大きくても他の方のところでは
あまり効果が出ない場合もあると思います。逆になることもあるでしょう。
そればかりはもう仕方ないので、いろいろ試行錯誤してみてください。

ノウハウが横に展開されていけば、
今まで以上にいろいろな改善策が見えてくるようになると思いますから。

今までの私の調査結果によるランク付け(2015/11時点)

ランクに幅があるものは、私が複数の環境で試したものです。
PCオーディオは環境差がとてつもなく大きいです。

効果 条件 内容
S~SS スイッチング電源下 USBケーブルの電源分離
(電源は別供給。最低でも安定化電源)
アコリバ USB1.0-SPSの導入でも可
A~S 電源環境のいいところ 良質なUSBケーブル
S+ Windows7 64bit -> Windows8.1 64bit
(Windows8.1の試用版は音が悪いです)
S WindowsXP 32bit -> Windows7 64bit
S 部屋からスイッチング式ACアダプタを取り除く
A~S+ DirectSount再生 -> ASIOドライバでの再生
A Rewrite data Ver1.39
A BusPower-Pro2の導入
B~A オンボード -> I/O DATAのUSBボード US3-2PEXS
C 80Gold -> 80platinum電源への換装

まずはAかS以上のものから試していくといいでしょう。
参考基準として、D-PROPは機材1つに対してランクA~SSです。
D-PROPでランクAの効果が出ない環境では、
それ以下の対策を行っても効果を感じられないと思います。

このあたりを自前で調査してる人はごろごろいるのでしょうが、
共有されていないノウハウなんぞ存在しないのと同義。
もっと横に繋がってノウハウを広げていきませんか?

パーツによる音質向上の数値化は厳しそうです

パーツとはCPUやマザーボードやHDDなどのことを指します。

気にするほど差は大きくないのと、
数と組み合わせがありすぎて評価しきれないです。
私の環境でも大きく変化してランクB程度だと思います。

USBボードだけは大きく影響が出ますが、
後のパーツは構成や設定次第だと思います。
新品でコストダウンの激しい機材を避ければ
そこまで気にしなくてもいいのではないかと思います。

PCオーディオはパーツでの音質の上積みは難しそうです
体調が悪い上にシステムも本調子ではないのでさらっと。 ここ一ヶ月でテストしたもの。  マザー5枚、CPU5種、ビデオカード3種 ...
音質に効くパーツにビデオカードを追加
上の方が音質への影響が大きいです。 ・マザーボード ・CPU ・ビデオカード ビデオカードは単純で、内蔵を使わなければ音がよ...

50万のSACDプレイヤーを超えるために(2016/07追加)

こちらも参考にしてください。

50万のSACDプレイヤーを超えるために必要な構成 #PCオーディオ
こういう分かりやすい指標のほうがいいかなと思いまして。私の環境でのお話なので、あくまで参考の1つとして使って下さい。 PCオーディオの...

電源分離とDDCについて少し解説も追加しています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TrackBack URL :
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

/////////////////////////////////// // ★Amazon用JavaScript /////////////////////////////////// ?>