アップサンプリングを否定する人はどこまで聞こえているのだろうか

スポンサーリンク

理屈前提で否定しているだけなら今までと何も変わらないのですが、
私みたいに散々いろいろ聞いて、結果的にNOSに近いものしか
受け入れられなかった人がいるなら、いろいろお話を聞いてみたい。

アップサンプリングが本当に嫌ならオーバーサンプリングも苦しいし、
そして機材以上に最近の音源に嫌気が指すのが自然なのですが、
そこまで言う人を見かけないのが不思議すぎて。

デジタルが嫌になってアナログに走る人の気持ちはよく分かります。
ただ、アナログが良かったというよりは、
あの時代に使われていた録音機材、
音楽だけで食べていける環境だったミュージシャンのクオリティが
今と比べて比較にならないほど良かった、というだけな気はします。
新しく生産されるレコードのレコードである必然性の無さは、
聴いていてなかなか複雑な気持ちにさせますから。

私のように音質の悪い音源に延々としがみつくような
酔狂な人は少なくて当然かもしれません。
でも、好きな音源がCDでしか存在しないなら頑張るしか無い訳で。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TrackBack URL :
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

/////////////////////////////////// // ★Amazon用JavaScript /////////////////////////////////// ?>