オーディオの検定指標を作ってみました

スポンサーリンク

xxxをクリアすると初心者、初級者、中級者を卒業できる
という感じで、私の独断でちょっと書いてみたくなりました。

※大前提として
 全てのものによさと問題点があります。
 「問題点があるから悪い」と考えるのは早計です。
 そういうことを言いたいのではありません。

ここから本題

初心者を卒業するために
・DENONの音の問題点を指摘できること

初級者を卒業するために
・アキュフェーズの音の問題点を指摘できること

中級者を卒業するために
・LINN(AKURATE/DS推奨)の音のよさを指摘できること
・フルレンジスピーカーの音のよさを指摘できること
・ワンポイント録音の音のよさを指摘できること

こんな感じかなと思います。

中級者を卒業できれば大体のことは把握されているでしょうから、
あとは好きな音を目指して調整していけばいいのではないでしょうか。

答えは今後掲載する記事に

記事はもう書き上がっています。
タイトルは「初心者が避けるべきブランドとお薦めは?」です。
結構危ないネタなので少し仕込み期間を長く取ります。
中級者の卒業試験の答えはもうあちこちに書いているので、
そちらは探して下さい。気が向いたら一箇所で見れるようにします。

あくまでも私が思う答えなので、ご自分でまとめた内容と
どちらが問題点を指摘できているかを見比べるといいと思います。

私より内容が的確なら、私より到達点が高いということでしょう。
そういう方が一人でも多く増えてくれると、
今の惨状ももう少しよくなると思うのですが。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TrackBack URL :
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

/////////////////////////////////// // ★Amazon用JavaScript /////////////////////////////////// ?>