聴きたくならない「いい音」に意味なんてありますか?

スポンサーリンク

「オーディオ熱が冷めた」とブログなどに
書き込む方が結構いらっしゃいます。
しかも、びっくりするようなハイエンド機材を揃えた方に
そういう書き込みをする方が多いような気がします。

感動を得られなくなって聴きたい気持ちが薄れることを
「熱が冷めた」と表現するなら合っていると思いますが、
私はいつでもいつまでも聴いていたい音を目指していますので、
そういう風になったことがありません。
私の場合はどこまでも音楽が好きなだけなので、冷めるとか
冷めないとかそういう尺度が存在しなかったりもしますけど。

聴きたくならない「いい音」に、意味なんてないと思いませんか?
「音がいい」とはどういうことか、もう少し考えた方がいいと思います。
本末転倒になっていらっしゃる方が存外に多いように感じます。

デジタル的オーディオ指標だけで良し悪しを判断していると、
こういうことになることが多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TrackBack URL :
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

/////////////////////////////////// // ★Amazon用JavaScript /////////////////////////////////// ?>