体調不良で足掻いている間、不思議だったこと

スポンサーリンク

いやまあ、今も絶賛悪あがき中ですがそれはそれ。

で、ここから本題。

他人から掛けられる言葉の意味の分からなさが不思議でした。
特に多かったのが、以下の3つでしょうか。

1.本当は治したいと思っていないから治らないんだ。
2.症状が重いのは行いが悪いからだ。
3.根性が足りないからその程度で動けなくなるんだ。

で、最近になって分かってきた事がありまして、
人って自分の経験の中からしか言葉が出てこないってこと。
私、30年以上何やってきたんだって話もありますが、
それは置いておいてください。

つまり、
1は病気になっても治したいと思っていない人で、
2は自分の行いがいいから今健康なんだと思っているけれど、
 いずれくる大病が来た時にその事実を受け止められない人で、
3は当人の根性が足りなくて症状の重さに耐えられない人だと。

こう考えた上で先の言動を取った人の行動原理を
見なおしてみると、確かにしっくり来るんですよね。

そして、本当に大変な思いをされた人は、
上のような言動を全くされなかったのも印象に強く残っています。

結局、言動にはその人の苦労の下積みが必ず見えてくると、
その人が昔大変だったといくら言おうが、言動が伴っていない人の
苦労は本当にたかが知れていると、そういうことなのかなと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TrackBack URL :
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

/////////////////////////////////// // ★Amazon用JavaScript /////////////////////////////////// ?>