なるほど、これが本来の意味での「コネ」ってやつですか

スポンサーリンク

私の症状はアップダウンが激しすぎるため、
鍼灸の先生にはかなり融通を利かせていただいています。

この治療でここまでできる人はいないよと随分言われていますが、
私の感覚では単に引っ張り上げてもらっただけなので、
そのあたりの感覚はよく分かりません。
大変なのは確かですが、私にはもう他に治療法がないんですよ。
背水の陣で必死なだけです。

それと、今の時点で当初の私と同じような状態の患者さんがいたら、
治療はしないと言われています。
そう言われてしまったら頑張らない訳にはいかないじゃないですか。

私みたいに西洋医学から匙を投げられた人は少なくないでしょうし、
また治療の意味がなかったなーと鍼灸の先生に思われたら、
治る可能性のある人の未来を閉ざすことになってしまいます。

ここから本題です。コネクションについて

そもそも、今の鍼灸院を私に紹介してくれた友達が
ここの鍼灸院で難病を治したという経緯がありまして、
そういう人の友達だから治療を続けられるのではないか
ということを鍼灸の先生は思っていたそうです。

なるほど、これが本来の意味のコネというものか、と思いました。

治療を受けていなかったら断薬できていなかったのは間違いないので、
これが他の人の紹介だったら、ここまで治療してもらうことに
ならなかったのは間違いないでしょう。

ほんと、運がよかったとしか思えません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TrackBack URL :
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

/////////////////////////////////// // ★Amazon用JavaScript /////////////////////////////////// ?>