食物アレルギーや食べられないものまとめ(2016-0509更新)

スポンサーリンク

一週間くらい前から急速に食べられなくなっているため、
備忘録として残しておくことにしました。
いろいろ面倒なので投稿しておきます。

なお、食物アレルギーと、食物アレルギーとは違うものと、
金属アレルギー反応(2016-0509追加)の3つの反応が出ていて、
金属アレルギーは歯の詰めものが引き起こしているようです。

食べられないってどういうこと?

食物アレルギー

飲み込んで数秒~20秒くらいで一気に具合が悪くなり、
そこから落ち着くまで6時間~12時間くらい掛かります。

口で噛んでいれば判別率100%で見極めができます。

食物アレルギーとは違うもの

具合が悪くなるのに1分~2分程度掛かった上に、
そこからじわじわと15分くらいかけて具合の悪さが積み重なっていく。
落ち着くまではやっぱり6時間~12時間くらい。

口で10分噛んでいれば判別率100%で見極めができますが、
短時間だと見極めができず、今回はこれにやられました。

最初は反応が出ていなくても食べる量が増えるとダメになるものもあり、
食事は困難を極めるという言葉では足りないくらい大変です。

金属アレルギー(2016-0509追加)

食事すると具合が悪くなる原因の根底にこれがあったようです。
症状は「食物アレルギーとは違うもの」とほぼ同じ。

口全体を使うと水ですら受け付けなくなりますが、
口の右側だけで食べるとそこそこ食べられるようになりました。
とりあえず目先の体重減少を止められそうです。

どんな症状がでるの?

私の場合は全身悪寒や不自然な身体全体の不調、
頭痛や胸痛発作、軽い呼吸困難などを伴います。
量を少し多めに(ほんの数gくらい)食べてしまうと、
丸1日は何も食べれなくなることも。

具体的にダメな食べものの一覧

食物アレルギー

かなり少量でもダメなもので、反応が強く出るもの

・小麦(2014)
・エビ、カニ
・鮮度の低い魚介類
・納豆(2015)
・アーモンド(2015)

・家の浄水(2016-0505追加)
・豆腐、大豆系全滅(2016-0505追加)
・はちみつ(2016-0506追加)

食物アレルギーとは違うもの

考え方として、少量なら大丈夫だけど量が増えるとダメになるものです。
アレルギーかどうかは食べられる量と症状で判断しているので、
本当はアレルギーなものもあるかもしれません。

どちらかちょっとわからないもの

食べられる量が少ないもの順に並べてみます。

2g食べるのが難しいもの

・砂糖
・砂糖を使った調味料の一切
・オリーブオイル(2016-0507追加)
・ブロッコリー(2016-0508追加)

5g食べるのが難しいもの

・炭水化物系の一切(餅、白米、いもなど)
・もち米のおかき

・クセのある野菜(にんにく、ニラ)
・サーモン、はまち

・みそ
・醤油

・鶏肉、豚肉、牛肉

・チーズ
・牛乳

今のところ食べられるもの

30gくらいまでなら大丈夫

・りんご
・ヨーグルト
・まぐろ

制限ほぼなし(30g以上は大丈夫なもの)

・葉ものの野菜
・もやし
・きのこ
・ラム肉
・シーチキン

食べられるかどうか調査中

とりあえず今のところはなし。

経過日記

2016-0507

口の左上の歯の詰めものの部分を磨くとピリピリするとか、
何やら血が出てくるとか、その血を飲むとあり得ないほど
具合が悪くなるとか。

詰めものについては要調査。

2016-0508

朝、水も飲めない状態になってこれは終わったかと思ったのですが、
昼、試しに口の右側だけで食べると何ともない。
で、口の左上の詰めものの金属アレルギー確定っぽいということで
治療できる病院を探しています。

何とか5月中に決着を付けたい。
できるだけ早く取り除かないと回復はおぼつかないかも。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TrackBack URL :
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

/////////////////////////////////// // ★Amazon用JavaScript /////////////////////////////////// ?>