この音源の問題は部屋だよね?きっと「Dear Love Songs / 榊原大」#CDレビュー

スポンサーリンク

_H1-4_KICS-3203

「Dear Love Songs / 榊原大」未マスタリング版 (Mix Master Ver.)

大分悩んだのですが、
これ以上悩んでもどうにもならないのでさっくりと。

演奏もいい、曲もいい、録音も編集もいい。
でも聞いているとどこかおかしい。

これ、音の響かない部屋で録音していませんか?
楽器の音そのものに魅力を感じません。
音が詰まっているというか、サイレントドラムの音を
聞いているような錯覚に陥ります。

あちこちに頑張っている形跡が感じられるのに勿体無い。
収録にお金をかけられなくなった弊害でしょうか。
折角の未マスタリング版なのに勿体無いです。

こちらの音源を紹介した記事
e-onkyo マスタリング前後の音をリリースする理由「Dear Love Songs / 榊原大」(7/18更新 買いました)
世の中には「タイミング」というものが存在していて、 編集作業で音楽性が失われているという記事を連発した このタイミングでこのニュースです...
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TrackBack URL :
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

/////////////////////////////////// // ★Amazon用JavaScript /////////////////////////////////// ?>