「坂本真綾/Million Clouds」売れるとわかっているとこれほどの音質になるのか

スポンサーリンク

巷のハイレゾ音源がどれだけ意味のないものかが分かる圧倒的な音質。
これはハイレゾ版を買うべきなのか?
絶賛はしていないのでその点だけご注意ください。

公式動画はこちら

坂本真綾「Million Clouds」Music Video(Short ver.)
TVアニメ『あまんちゅ!』のOP曲です。

曲も歌詞も音質も、
もはや声優ソングでもJ-POPレベルでもありません。
もっともっと売れてもいいと思うのですが。

お金を掛けている高音質と感じます

サビのところで音が飽和するのは私のシステムの問題でしょう。
この音質に文句をつけるのはなかなか難儀なことだと思います。
J-POP界でこの曲に匹敵する曲が今生まれているのかと疑問に
思ってしまうほど、あらゆる意味で質の高い楽曲だと思います。

これのハイレゾ版が欲しいのでヘッドホンイベントに
参加しようと思うくらいの破壊力がありました。

ただ、今までの坂本真綾の楽曲に共通する、必要以上に
抑揚が消えている感じがするところだけが気になります。
SN比が高すぎる音源に共通する違和感ですね。

坂本真綾の声は私にあまり響かなくて

坂本真綾は嫌いじゃないですし
アルバムも初期の頃のものは持っているのですが、
巷で騒がれているほど私には響いてこないので
大体レンタルで済まして終わりというケースが多いです。

なお、私の中の坂本真綾は化物語じゃなくてエスカフローネです。
あの頃はVictorでも音質が安定していなくて歯痒かったですよ。
曲はHotchpotchに収録されている「Gift」が一番好き。

なお、音は最悪級に悪いです。

この曲の歌詞を調べて頂くと、私がこの曲を好きだった理由が
分かると思います。
歌詞の意味を確認して好き嫌いを選んでいる訳じゃないのに、
こういう曲ばかり印象に残ってるって一体何なんでしょう。

Single Collection Hotchpotch (ハチポチ)
Single Collection Hotchpotch (ハチポチ)
発売日:1999/12/16
価格:¥3,258

坂本真綾の楽曲はそこまで合わなくて

私には歌の上手さよりも声質のよさや気持ちの乗せ方の方が
遥かに大事なので、どうしても坂本真綾には馴染めない部分があります。
坂本真綾の鼻声に聞こえる発声のせいで気持ちの勢いが
削がれているのがどうしても気になってしまうと言いますか。

細かい声のコントロールなどは、昔ここまで上手かったかなと
思うほど技量が向上していますけど。

今回の音源は丹精を込めて編集している分、
音楽の大事な部分が少し欠けているんですよね。
もっとSN感を下げてでも気持ちが伝わるように仕上げてくれれば
即日でハイレゾ版を買っていただろうと思うくらい、
今回のこの曲は素晴らしいと思ったのですが。

Million Clouds
Million Clouds
発売日:2016/07/27
価格:¥1,500

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TrackBack URL :
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

/////////////////////////////////// // ★Amazon用JavaScript /////////////////////////////////// ?>