Frederic Chopin。ピアノはいいけど弦がちょっとおかしい気がする #CDレビュー

スポンサーリンク

少し前に紹介したCDが届きました。

曲目はこんな感じです。
・バラード1番
・バラード3番
・ピアノ協奏曲第一番

レビューはこちら

楽器の表情はとてもよく録れています。
音も軽やかに踊ります。
ショパンのバラード1番はつまらなくて最後まで聞けたことが
一度もなかったのですが、これは最後まで聞けます。
私の解釈力が足りないと言われればそれまでですけれども。

ただ、表情がよく見える録音というのは粗もよく見えるため、
この演奏をどう評価したらいいものか悩ましいです。
特にトラック3のピアノ協奏曲の第一楽章の出だしの弦はもう・・・。
私のシステムがいまいち不調で音楽性が見えていない、だけとは思えなくて。
なお、第三楽章の演奏はかなりいい感じに仕上がっています。

Amazonの試聴音源で問題無いと思われた方は購入されてもいいと思います。
とやかく悩まずに聞けるピアノってなかなか少ないと思いますし。
いや、これは私だけか。

Frederic Chopin
Frederic Chopin
発売日:2009/03/11
価格:¥1,897

お気に入りCDに格上げしました

こちらの音源に関しては、格上げというよりは
最初からお気に入りに入ることは確定していた感じでした。
かなり早い段階から私の視聴CDに組み込まれていましたし。

「お気に入りCD」カテゴリ再始動のため、正式に格上げします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TrackBack URL :
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

/////////////////////////////////// // ★Amazon用JavaScript /////////////////////////////////// ?>