花澤香菜 25 claireと大分毛色が違う #CDレビュー

スポンサーリンク

25(初回生産限定盤)
Label:アニプレックス
25(初回生産限定盤)

発売日:2014/02/26

こちらはCD盤の評価です。
ハイレゾ版は聞けていません。

最近のCDにしてはかなり音質的に頑張っています。

・デジタル編集の違和感がかなり少ない。
・生楽器収録を頑張ってる。
 (演奏の音の仕上げは鬼束ちひろには劣るかな)
・打ち込みのベースが甘い。
 (音圧強すぎ、質感低い、最低域まで伸びない)

・・・なのだけど、ボーカルもっと綺麗に録れませんか?

花澤香菜は基本的に声が掠れるから、(つまり高域成分が強い)
高域を上手く処理してくれないと耳障りになってしまう。
CDフォーマットだと音を弄らないと綺麗にはならないので、
この点はハイレゾだと相当よくなるものと期待します。
・・・ま、ハイレゾ版がいつ聞けるかは分からないんですが。

あと、打ち込みになると途端にダイナミックレンジが狭くなって
音的に苦しくなるのはなんでだろう。

音の悪い音源が登場した場合、
プロデュースの意向が悪いと言う人は多いのですが、
私は絶対ミキシングしてる側にスキルがないからだと思ってます。
音質を追求した音源(ハイレゾ)でもいい音にならないんだから、
いい音の音源が作れないだけですよ。

楽曲はclaireの方が好きだったなー。
花澤香菜の声の音色のよさを生かしていたのは
claireの方だと思います。

ハイレゾって価格いくらだっけ・・・。
ネタのために1曲くらい買ってみるかな。

^^^^^^^^^^^^^^^
アルバム単位でしか買えない

moraのハイレゾ配信

4200円をネタのために使うのは無理です。
イベント開いてくれないかな・・・。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TrackBack URL :
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

/////////////////////////////////// // ★Amazon用JavaScript /////////////////////////////////// ?>