私の所有機材の問題点はどれも同じ

スポンサーリンク

先日の店頭試聴にて機材をありったけ持ち込んだ訳ですが、
そこで明らかになったのが、
私の選ぶ機材に共通する問題点があるということ。

・音の数が多くなると破綻する。
・音量が大きくなると破綻する。
・音の響きが美しくなるが故に音像が肥大、滲む。

これ、フェーダーの癖だとばかり思っていたのに、
新DACもCrafftも同じ傾向だったとは・・・。

だから私のシステムでオケが鳴らない。
音を詰め込んだ打ち込み楽曲が鳴らない。
そういう機材ばかり選んでいたのだからそりゃ鳴らなくて当然。

次はプリの導入かなと思っていましたが、
やっぱりDACを別に用意する方向で動くことになりそう。
滲みを極限まで減らすとどうなるか、
先の試聴で思い知ったもんなあ・・・。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TrackBack URL :
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

/////////////////////////////////// // ★Amazon用JavaScript /////////////////////////////////// ?>