以前紹介したピアノ弾きの大型新人さん、新人どころの話じゃなかった

スポンサーリンク

ええと、Youtubeでアニメ楽曲のピアノ演奏動画をアップロード
されている方で、再生数1400万回超えの動画もある方でした。
チャンネル登録数は72万Overです。

ああ、うん、そうですよね、この音質でこのパフォーマンスなら、
そのくらいにならないほうがおかしいですよね。

過去記事と動画と

以前紹介した記事はこちら

大型新人現る。 #ピアノの弾き手  #甘ブリ
【ニコニコ動画】【甘ブリOP】エクストラ・マジック・アワーをFullで弾いてみた【ピアノ】 2011年から投稿しているようですが、知り...

This Gameだけじゃなくてオラシオンの方も弾いてほしいです。

This Game – No Game No Life OP [piano]

オラシオンはチャンネル登録数42万Overの方が弾いてました

こちらの方の音源の方が私は好きです。

NO GAME NO LIFE (ENDING) – ORACION (Cover)

低音弦が真っ直ぐすぎるので多分シンセだと思うのですけど、
グランドピアノかシンセか、正直言って分かりません。
繰り返し聴けている時点で、私の身体は並のピアノ音源より
いいと判断しています。

オラシオン、価格の安いシンセで頑張っている動画

No Game No Life【ED比較】- Oracion 【オラシオン】

この1つ上の音源と聴き比べてみたのですが、
ノートパソコンだとあまり差が無い印象だったのですが、
自分のシステムで聴き比べたらとんでもない差があって衝撃でした。

こちらも上手いです。

日本の方も弾けばいいのに

芸術は人の心を震わせてナンボなのに。
難しい曲を面白く無さそうに弾かれるより、こちらの音源の方が
ずっと楽しいのに。

上のように言う私のことを「分かってない」と思うのであれば、
分かってる証拠を音源として是非とも提示して頂きたいです。

私の極々近くでオーディオをされている方が提示してくる音源は
私がうん、すみませんでしたって即答するものばかりですが、
そういう音源、ネットで徘徊していてもさっぱり見当たらなくて。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TrackBack URL :
スポンサーリンク

『以前紹介したピアノ弾きの大型新人さん、新人どころの話じゃなかった』へのコメント

  1. 名前:ヘンデル 投稿日:2016/07/31(日) 22:22:50 ID:83e64670b 返信

    こんばんは。
    シンセでしょう。
    音色が気に入りません。一般受けする音に
    思えます。柔らかさが感じられませんでした。
    むしろ、オラシオン、「価格の安いシンセで頑張
    っている動画」の方のほうが好ましいと感じました。

    さて、こちらはいかがですか?
    ・松田華音 – パッヘルベル:カノン(ピアノ編曲版)
      UNIVERSAL MUSIC JAPAN
      www.youtube.com/watch?v=vknfA03g50I
    ・ピアノソナタ第17番 「テンペスト」第3楽章(ベートーヴェン)
     横内愛弓
       www.youtube.com/watch?v=g41tzSMDpYs

    • 名前:purepure 投稿日:2016/08/01(月) 22:29:49 ID:06944865e

      コメント有難うございます。

      こんな記事を書いていて何なのですが、私はピアノが苦手なので
      音色の解釈が正しくないかもしれません。
      下の2つの動画の音色については単に私の好き嫌いとお考えください。

      ただ、学生時代の学校にあったピアノの音はどれも楽しかったのに、
      これがCDだとハズレばかり、コンサートでもいいなと思える演奏に
      あまり会えていない理由がいまいち分かっていません。
      ピアノは難しいという印象ばかり募る一方です。

      頂いた音源はもう少し聞かせて頂いてから感想を書きたいと思います。

    • 名前:purepure 投稿日:2016/08/02(火) 21:47:08 ID:d9cd00af6

      先入観ゼロで聴いてみました。
      変な聞き方をしていると思いますが、その点はご容赦ください。

      ■松田華音 – パッヘルベル:カノン(ピアノ編曲版)


      こんなに音の色を出せている演奏(録音音源)は見たことないです。

      演奏技術で出してる音の色が編集で1/3くらい削れたように聞こえます。
      表情と音色のグラデーションが綺麗なのと、音の色がかなり強いのが
      他の音源とは違うなと思ったところですが、ユニバーサルの特徴なのか、
      ノイズを抑える編集なのか、表情が少し減じている感じがあるのと、
      音の勢いが削がれている感じがあって勿体無いなと思います。
      編集がかなり強く入っているように聞こえるので、
      どこまでが録音でどこまでが加工なのかちょっと判断が難しいです。

      松田華音さんの音源を適当に見て回って、
      ピアノの表情や勢いがしっかり収録されていると思ったのはこちらの音源です。
      (ただしノイズもあれば音割れもあります)
      Kanon Matsuda / 松田華音 @ 10 y.o.:
      Glinka Variations on Alabieff’s Romance ‘The Nightingale’


      録音の環境や機材的に上の動画と比べて数段落ちますが、
      私にはこちらのピアノの音の方が自然で好みです。
      (長く聴いていけるかどうかは別です)

      ■ピアノソナタ第17番 「テンペスト」第3楽章(ベートーヴェン) 横内愛弓


      低音弦の響きは好みなのですが、
      この音源は私には非常に厳しいです。

      あまり弄っていないと思われる素直な音なのですが、
      録音環境か機材の問題で色褪せて聞こえるのと、
      音が平面的で細かい部分、タッチ、強弱がちゃんと
      収録されていないように聞こえます。

      1つだけ言えるのは、上記のような音源で6分もあるのに、
      もう何度も聴けているということでしょうか。
      つまらない演奏でも変な音の音源でもない、
      というのが今の私に言える精一杯です。

コメントをどうぞ

/////////////////////////////////// // ★Amazon用JavaScript /////////////////////////////////// ?>