10年の重みがたった1曲で #M@STERPIECE

スポンサーリンク

「M@STERPIECE」とは、
3年前に公開された劇場版アイマスの主題歌です。

すごい勢いで色々書いていたのですが、
あんまり書かないほうが伝わる気がして全部消して書き直し。
それでもいろいろ滲み出ていますけれども。

劇場版『THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ! 』主題歌 M@STERPIECE(初回限定盤 CDシングル+Blu-ray Audio 2枚組)
劇場版『THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ! 』
主題歌 M@STERPIECE(初回限定盤 CDシングル+Blu-ray Audio 2枚組)

発売日:2014/01/29
価格:¥1,180

このCDはスタジオ収録なのでちょっと落ちます。
できればライブ音源を探して聴いてみて下さい。

私のアイマス経歴はいつも通り異色です

ニコニコのim@s架空戦記でアイマスを知って、
三國志ⅨやTRPGを使った架空戦記を結構な数見ています。
架空戦記ブーム終盤に人気のあった「ぷよM@S」は、
素人の作品じゃないだろうと思ってみてましたが。

ただ、本家の方はラジオとCDだけで、ゲームもアニメも
劇場版も一切見ていないといういつものパターンです。

そんな私ですが、映画館に行ってこの曲を聴いていたら
相当やばかったと思いますよ、ほんと。

こんな曲がサブカルの世界から出てくるなんて

曲も歌詞も歌声も録音も素晴らしい。
ただまっすぐに曲に対峙できるこの幸せを、
私はどう表現したらいいんでしょう。

特にライブ音源の方は、再生機材のクオリティに依らず
歌い手の感情が非常によく分かる録音になっています。
下手に加工していたらこの凄さが全部消えてしまうので本当に有難い。

この曲に携わった全ての方々と、
アイマスを10年支えた全ての方々に、
ただただ惜しみない賞賛を贈りたいです。

出来が異次元すぎて、正直、他の曲との比較ができません。
某冴えカノの表現をちょっと借りますが、曲、歌詞、歌声を
合わせた総合芸術としての完成度が飛び抜けていると思います。

ライブ動画は多分違法になるのでしょうが

さすがにリンクを貼るのは問題になるため、
ようつべで検索して頂ければなと。
ライブのBlu-rayは限定版が多いみたいで、
どれを買えばいいのか、そもそもまだ売っているかが分からない・・・。

個人的に、伊斯Pという方の60万再生を超えている動画がいいかなと。
録音が聴きやすいバランスに仕上がっているのと、真の中の人の歌声が
全員の歌声を支えている感じがいいなーと思って聴いています。

少し低い低音のビブラートなので、アイマスのメンバーで
あの音域は真の中の人しか出せないはずということで。
違っていたらごめんなさい。

しまむーのソロ動画もあったのですが

どこの音源か分からないのですが、デレマスのしまむー(島村卯月)が
「M@STERPIECE」を歌っている動画がいくつかあります。

「アイドルに憧れてアイドルを目指した」という設定の通り、
アイドルになったばかりの子が憧れの気持ちを抱いて歌っているという
印象を強く感じる歌い方、感情の乗せ方をしているなと感じます。

これを少しループして聴いた後「M@STERPIECE」のライブ音源を
聴くと、今までの感動はどこへいったという勢いで
感情が見えなくなるので、音楽って深いよなーって思って。

そして、これが7年10年と経ったのち、
しまむーがもう一度「M@STERPIECE」を歌い直した時、
765プロのメンバーと同じような感情を乗せられたとしたら
それはとてもとても夢のある未来なんじゃないかなって、
そんなことを思ってしまいます。

一方で、春香のスタジオ収録の「M@STERPIECE」を聴くと、
中村先生プロ意識徹底しすぎって感じになりますけど(汗
本人の感情を一切動かさずに歌うんですもん。

この「M@STERPIECE」という曲は、歌い手の感情が
見えやすいというそんな特徴もある曲だと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TrackBack URL :
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

/////////////////////////////////// // ★Amazon用JavaScript /////////////////////////////////// ?>