短編集の出来が一番いいって丸戸さんらしい #冴えない彼女の育てかた Girls Side

スポンサーリンク

本編より出来がいいという意味ではなく、
「本編という下地」を活かして物語を書くと
丸戸さんは強い、ということです。

パルフェでサブヒロインの全てのシナリオを伏線として使った
丸戸さんならではだよなと感じました。
第二章、超期待しています。

丸戸さんの作品がどうして私に響くのか、
それがとてもよく分かった気がします。
この内容を私が感想として書くのは野暮です。
読めば一発で分かりますから。

最低でもコミカライズ作品と5、6、7巻を
読んでからこちらを読みましょう。
単独でこれを読んではいけません。

冴えない彼女の育てかた Girls Side (富士見ファンタジア文庫)
冴えない彼女の育てかた Girls Side (富士見ファンタジア文庫)
発売日:2015/02/20
価格:¥626

これだけだと伝わらないか

最初の見開きの詩羽先輩の台詞を読んでみてください。

そこに何も感じないのであれば、
丸戸作品がその人に響くことは永久にないでしょう。
あの台詞にはこう言い切れるだけの意味があります。

画像を貼りたいのだけど貼りたくないこの気持ち

抜粋することさえ躊躇してしまうので悩みどころです。
著作権侵害になるからという意味ではなく、
ここがもう今回の一番の肝の部分なので書きたくないのです。

あの部分を私が書くことで、この作品を貶める気分なりますから。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TrackBack URL :
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

/////////////////////////////////// // ★Amazon用JavaScript /////////////////////////////////// ?>