情報量を削らないシステムで現代録音のオケを聞くと、現代ハイエンドの強さを感じる

スポンサーリンク

クオリティの高い音を出すお店の試聴会に行ってきました。
メインで使われた音源はハイレゾとDSDのオケ。

CDが及ばないのは当然ですが、
レコードでも届かない領域にいることを痛感します。
大きく広がった音場に所狭しと音が高い密度で並ぶのは壮観。

・・・ま、オーディオ的にはそれで面白いのですが、
音楽的よさを感じられないところは
私がオケに慣れていないのもあるのでしょう。

こういう録音はいくつか確保してた方がいいなと思いました。
家では聞かないけど、試聴の時の指標としてすごく使える。

^^^^^^^^^^^^^
ワンポイント録音に関心を持ってくれないのが悔しい

私の渾身の音源を持っていったのですが、スルーされました。
オケより音場広かったのに・・・。
ま、この音源が面白く鳴っていたかと
言われると否なので、仕方ないのですけど。

ワンポイント録音が楽しく聞ける機材がほしいです。

^^^^^^^^^^^^^
それでもレコードの音色は強いと思った

最後にレコード音源(レコードをDSD録音したもの)を聞いたのですが、
音色が違いすぎて圧倒されました。音も自然だし。
音数が少ない音源はまだまだレコードに分があります。

今年になってデジタル録音でも音色が残っている音源が
増えてきましたが、もうちょっと頑張ってほしい。

^^^^^^^^^^^^^
使用機材

B&W 805SD
NWP スフォルツァート DSP-03

スフォルツァートには当分お世話になると思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TrackBack URL :
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

/////////////////////////////////// // ★Amazon用JavaScript /////////////////////////////////// ?>