ハイレゾで一番よくなったものは、試聴サンプルの音質

スポンサーリンク

Presto Classical
・各種ハイレゾ配信メーカー

 こちらが試聴データに力を入れているメーカー。
 レート的には192Kbps以上を確保している音質で
 サンプルが聞けるので、音の悪い音源の9割を足切りできます。

 残りの1割は正直買ってみないと分からない。
 買って当たるのは1割くらい。
 まあ、そんなもんです。

 でも、購入前に聞けるようになっただけでも有難いし、
 1曲だけ購入してハイレゾの感触を確認できるように
 なっている音源もあるのは本当に嬉しい。
 アルバム買いしかできないものも多いですけど。

^^^^^^^^^^^^^^^^
AmazonとAppleのレートが高くなれば楽なんですけどね

抱えてる楽曲の数が多いし、
元データもAAC256kbpsという感じだから
なかなかやらないでしょうけれど。

販売音源をリニアPCMにするなっていう契約で売ってるのかな。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TrackBack URL :
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

/////////////////////////////////// // ★Amazon用JavaScript /////////////////////////////////// ?>