今聞くとSACDはD-05の方がいい

スポンサーリンク

私のデジタルフィルタアレルギーが落ち着いているせいか、
今聞くとD-05のマイナス部分が気にならなくなり、
その分、DSDの音の伸びのよさが大きな加点になっています。

新DACでDSD音源を聞くときはどうしてもDSD->PCM変換が
必要になるので、高域が少し粗くなる弱点がありまして・・・。
それが今はかなりのマイナスに働いています。

うーん、耳の状態が変わるだけでこうも印象が変わるものなのか。
評価するって難しい・・・。

^^^^^^^^^^^^^^^^
2Lのハイレゾデータならほとんど差がない

2Lのこのマスタリングの上手さは何なんだろうか。
192KHzでDSD音源と十分勝負できる音が出ています。
どっちが上か下かは判別できないレベルです。

96KHzだと少し落ちるかな、くらいでしょうか。
それでも、一生懸命聞かないと分からないと思います。

こんなことになるなら、素直にLavry DA924を
選択するのが正解だったな・・・。
最後に試聴の手間賃(約7万)をケチったのが裏目に出たか。

^^^^^^^^^^^^^^^^
長く聞いていたらD-05の違和感がだんだんと・・・

SACDだと誤魔化せるのですが、CDだとダメみたい。
気持ち悪くて背中がぞわぞわしてくる。
なるほどね・・・やっぱり受け付けないのか。
たかがDACですが、難しいです・・・。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TrackBack URL :
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

/////////////////////////////////// // ★Amazon用JavaScript /////////////////////////////////// ?>