MA RecordingsをLuxman D-05で聞いてみた

スポンサーリンク

試聴にまだ持って行ったことなかったので、
試しにどう鳴るかなと思って。

結論から言うと音の差はさっぱり分からない。
この音源で音の良し悪しを測るのは私には無理。
ただ、違和感というか長く聞けない感覚が残るかな・・・。

身体に染み入るというよりは神経を軽く撫でられる感じ。
気持ちを穏やかにさせてくれないというか。
3分の曲を一回でやっとだと、
ループして聞いていると途中で疲れてしまいそう。

この音が欲しかったんだって感覚も出てこないので、
やっぱり何か違うと思います。
上手く説明できませんけど。

D-05の場合、40dB絞ると面白くないけど、
新DACの場合だと50dB絞っても面白いという違いはあるかな。
50dB絞ると出力的には45dBくらいの音になるかな。
音量、大分小さいですよ?

ここの録音は小~中くらいの音量で聞くのがいいと思います。
小編成の静かな曲が多いですからね。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^
うん、音、判別できてない

別の曲聞いてみたら大分なまってました。
端子のクリーニングと消磁が必要な模様です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TrackBack URL :
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

/////////////////////////////////// // ★Amazon用JavaScript /////////////////////////////////// ?>