PCM-D1と新DACのイヤホン出力の質

スポンサーリンク

所有者が少ない製品を持ち出してもあまり意味はないのですが、
出回っているDAPが(Digital Audio Player:携帯プレイヤー)
あんまりいい音だと私は思っていないので、
リファレンスとして出しておきます。

イヤホン:ER-4S-B
試聴曲:早見沙織「最後の愛のために」
 最近はこればっかり。

PCM-D1:
 解像度、音の安定感、滲みの少なさが際立つ。
 音のクオリティは非常に高い。
 音に厚みがあって力強いのが特長。
 ただし、サ行はかなり刺さる。

新DAC:
 少し細身で低域が薄い。
 全帯域で音はしっかり伸びていてフラットバランス。
 解像度、音の安定感、滲みの少なさはPCM-D1と双璧。
 クオリティはPCM-D1と同様に高い。
 音のきめ細やかさはこちらが一枚上手。
 サ行は少し刺さる。

NW-A845:(参考比較用)
 音が曇る。低音が滲む。
 音色感は悪くない。
 サ行は少し刺さる。
 音量を大きくすると音が破綻する。

これを基準にして、また比較に行ってきます。
PCM-D1は重くて持ち運びが大変なのですが、
ま、持って行ってみますよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TrackBack URL :
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

/////////////////////////////////// // ★Amazon用JavaScript /////////////////////////////////// ?>