2013 インターナショナルオーディオショウ 雑感

スポンサーリンク

全部で4つくらいしか回れなかったので、
あんまり大したことは書けないのですが。

・Avalon ISIS + dCS Vivaldi フルセット

 2時間半も同ブースのど真ん中に陣取って聞いてきました。
 どう評価します?これ。

 セッティングにかなり気を使っていたので、
 奥行きがしっかり出ていて、現代オーディオとしては
 相当高いクオリティであったと思います。
 大手のお店でこのクオリティが出ているところは
 そうそうないでしょう。少なくとも私は知らない。

 でも、やっぱりCDはCDだった・・・。
 一刻も早くハイレゾ全盛になってほしい。
 やっぱり器がCDのレベルで、音を弄くっているだけじゃ
 どうにもならないということを痛感します。

 こういうイベントでマイナーレーベルの優秀録音を
 掛けないのが本当に謎。マーキュリーもイベントに
 参加しているんだから、Alphaとか再生できるだろうに。
 探してないの?再生する曲にも圧力かかってるの?
 本当によく分からない・・・。

・Accuphase
accuphase_2013-1104

 Avalonに相当助けられていましたが、
 それなりによかったと思います。
 DG-58が入っていたので、帯域バランスに調整が入って
 アキュの素の音の問題は見えにくくなっていたのかな?
 あれだけ音として纏まっているとなあ・・・。

・AXISSブース BMCのアンプ
bmc_2013-1104
 写真は底板をアクリルに変えて展示されていたもの。

 トランスで20kgはありそう。大きすぎ・・・。
 日本メーカーもびっくりの物量。
 
 私も知ったのは2,3年くらい前ですけど、
 このメーカー、市場に試聴機が出回っていないのがなー。
 絶対に音はいいと思うのだけど。
 AXISSがなぜ推さないのかよく分からない。

・ピアノ生演奏 金子三勇士

 4つのコンクールで優勝するほどのピアニストです。
 ま、私には演奏の品格とかはよく分かりませんけれど。 

 30m四方の部屋のど真ん中にステージ作ってピアノを置いて、
 その四方に座席を配置するという形。
 チケットには480人とか書いてあったような。
 残響時間がコンサートホールより短くて苦しいかなと
 思いましたが、楽しく聞かせてもらいました。

 ホールだと残響が強すぎて音の出所がよく分からなく
 なることがあるのですが、今回はピアノから音が四方に
 綺麗に出ている様子が見えてよかった。
 ゲスト出演のクラリネットもよかった。
 バロック好きには木管楽器の生の響きは強烈です。

 コンサート後、CD販売のところには長蛇の列。
 制作元がEXTONだったので止めてきましたけど、
 今のEXTONってどうですか?

 高音質を謳うレーベルって音楽の大事なところを削り取る
 ところが多くて、それが嫌でもう買ってないんですよね。
 バラードの4番とかあったら買ってくればよかったかな。
 サイン会もやっていたし。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TrackBack URL :
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

/////////////////////////////////// // ★Amazon用JavaScript /////////////////////////////////// ?>