少しずつ歪みの原因が判明してきているけれど

スポンサーリンク

聴感上だけなのか、実際に歪んでいるのか、
そろそろちゃんと計測した方がいい気がしています。
さっぱり、全然、これっぽっちも作業は進んでいませんけど。

電源ケーブルの位置を調整しました

セッティングの調整でパワーアンプの電源ケーブルを動かしていたら
歪感が減ったので、何だろうと思って調べていたら、
電源ケーブルの輻射ノイズをRCAケーブルが拾って増幅していたようです。

それで全体的に配置を見直しまして、電源ケーブルを
RCAケーブルやスピーカーケーブルから15cmほど離してみました。
この状態で輻射ノイズ計測器(AMラジオ)をスピーカーケーブルに
近づけると、目に見えてノイズが減ることが確認できました。

ま、それでも音量を大きくすると聴いていられない状態は
ほとんど改善されなくてがっかりでしたけど。
ま、アンプもDACも、やっぱり修理しないとダメなんでしょう。

時間を取ってもう少し調査したい

ここ5ヶ月間くらいヘロヘロで何にもできていなかったので、
せめてオーディオくらいは落ち着いて聴きたいと思ってはいるのですが、
もう本当にヘロヘロで。

USBDDCからの輻射ノイズをほとんど防げていないことが
多分問題の根底にあるのかなとは思っているのですが、
細かい調査が全然できていなくて。

歪感が無かった時期があまりに昔すぎて、どういう経緯で
歪が気になり始めたのか思い出せなくなっている自分がいます。
TA2020で聴いていた頃は高域の歪とは無縁だったのですが。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TrackBack URL :
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

/////////////////////////////////// // ★Amazon用JavaScript /////////////////////////////////// ?>