2016年発表の新型DACチップは今までと何か違うかもしれない

スポンサーリンク

ぼちぼち最新チップの製品が出てきたので
視聴を始めているのですが、
今までとちょっと違う感じの音が出ている気がしています。

新型DACチップって?

こちらの2製品です。

・ESS ES9038PRO
・旭化成 AK4497

どちらも2016年1月発表のようですが、そこから一年半が
経過して搭載製品がようやく聴けるようになりつつあります。

個人的に注目しているのは、目先のスペック以外のところで
音質に影響が出る部分に気をつけて開発されているという記事を
見かけることです。具体的な内容は詳しいサイトに譲りますが、
スペック至上主義からようやく意識を切り離してくれたのかなと
そんな風に思っています。

まだそんなに数を聞いた訳ではないのですが

今のところ感触のいい製品とよく分からない製品があるのですが、
シグマデルタDACのDACチップに必ず存在していた悪さを感じずに
音楽を聴ける製品があって、ちょっとびっくりしています。

感想はもうちょっと聞いてからになりそうです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TrackBack URL :
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

/////////////////////////////////// // ★Amazon用JavaScript /////////////////////////////////// ?>