今になってラダー型のDACを輸入販売するのですか

スポンサーリンク

ルーマニアのRockna Audioから、
FPGA採用のD/Aコンバーター「Wavedream DAC」誕生

そして輸入元はイーディオ。

イーディオさんは凄いな

1000万を超えるあのSelectDACの製造元であるMSBを最初に
輸入したのがイーディオであり、ER-4Sを日本に広めたのもイーディオです。
私も3回位視聴に行ってます。

DACはラダー型で26or27bit精度のモジュールを動作させるようです。
「精度」って書かれているので純粋にラダーで組んでいるのか
ノイズシェーピングを組み合わせて精度を出しているのかは不明です。
ちょっとそこまで調べる時間がありません、すみません。

DSPでアップサンプリングして5000タップのデジタルフィルタを使うと
書かれていますので、最近のMSBと同様の方式を取るようです。
ってことは、私には多分合わないタイプの音になるでしょう。

製品の中の写真がこちら

筐体の作りがよく、内部もとても綺麗に作られています。
これだと絶対的な音質は私の新DACではとても太刀打ちできないでしょう。
価格は¥784,000(税別)から¥1,920,000(税別)とかなり高額ですが、
MSBのDACを買う思いをしたらずっと安いというのが何とも。
昔のMSBはすごく安かったのですが、今はもう見る影もないですね。

イーディオさんはメジャーどころのイベントにあまり参加されていないので
音を聴くのが大変そうですが、折角なので一度聴いてみたいです。
なお、私の新DACと並べて音を出したら99人が
「Wavedream DAC」の方がいいって答えると思いますよ?

何度も言っていますが、私のDACは絶対的な音質で最近の中堅製品にも
過去のハイエンドの製品にも全く敵わないですから。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TrackBack URL :
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

/////////////////////////////////// // ★Amazon用JavaScript /////////////////////////////////// ?>