来月アニメ放送予定のガーリッシュナンバー。これ、作品として本当に大丈夫?

スポンサーリンク

来月、2016年秋クールのアニメ化作品。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。(はまち)の作者、
渡航さんが原作なのですが、この作品はどうだろう。
誰も得しない気がするのですが大丈夫?
毒の方向性を間違えている気がしてなりません。

アニメ化するっていうからコミカライズの方をざっと見た
だけなのですが、不安で不安で仕方がありません。

ガーリッシュ ナンバー (1) (電撃コミックスNEXT)
ガーリッシュ ナンバー (1) (電撃コミックスNEXT)
発売日:2016/07/26
価格:¥616

これ、本当に大丈夫?

「かわいい外見と世を舐めきったメンタルを持つ新人声優・千歳」
Amazonの内容紹介でこれですよ?

で、問題だと思ったのがコミック1巻の最終ページの描写。
オマケページじゃなくてお話の最終ページです。

台詞を言う前に音響監督さんが「お!」という顔になるのはまずい。
で、そこに至るまでの数ページで音を波紋として知覚する描写もまずい。
どちらも千歳が才能を持っていることを強く暗示しています。

何が言いたいかというと、「舐めきったメンタルを持っていても、
ルックスがよくて才能があれば成功する」という最悪の展開に
なりそうだなと、それはあらゆる意味で誰も得しないぞと。

努力でのし上がる可能性を持った人のやる気を削ぎ、
才能のある人が超一流の役者になるためのやる気を削ぎ、
裏方についている人のやる気をも失わせる。

そんな誰も得をしない作品になりそうで。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TrackBack URL :
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

/////////////////////////////////// // ★Amazon用JavaScript /////////////////////////////////// ?>