低音域のスカスカな音源が当たり前になりつつある今の状況が本当に怖い

スポンサーリンク

もうかなり前からその徴候はありましたけど、
今回の新譜のCDがちょっと酷くて。

バッハの協奏曲集です。
下のリンクから視聴できます。

Barocksolisten München play JS Bach
http://www.prestoclassical.co.uk/advsearch.php?composer=&work=&performer=&medium=all&label=&cat=HC16006

演奏の水準はかつて無いほど高いと思いました。
これほど細かいところに気を配った演奏を
私は聞いたことがありません。

でも、低音域がごっそりなくてスカスカです。
これにプリや太いケーブルを導入して、
重心が下がっていい音になったとかやるんですか?
そんなことしたら普通の録音が重くて重くて聴けなくなります。

帯域バランス本当におかしいよ。
本当に客席でコンサート聴いてます???
いえ、指揮者の位置でもこんな音にならないですけどさ。

頭をチェンバロの中に突っ込んで聴いたって
低音弦が身体に響いて震えるくらいの勢いで楽しいのに、
このスカスカな音源は一体何???

誰?こんなバランスがいいって言ってるのは。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TrackBack URL :
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

/////////////////////////////////// // ★Amazon用JavaScript /////////////////////////////////// ?>