Bug head Emperor 4.80。搭載メモリが少なくても音質の向上を感じられます #Infinity Blade

スポンサーリンク

本家のバージョンはみるみる上がっていくのですが、
これを1つずつ入れているとキリがありません。
なので、私のところでは1つのバージョンを長く使い、
気が向いた時に一気にバージョンアップさせています。

今回は4.37から4.80への大幅バージョンアップになりました。
気になった変更ポイントを以下に。

・ドラッグ&ドロップ(D&D)による曲追加ができなくなった。
・高音質版はHQではなくてSQという名前になった。
・今まで効果が弱かったPCで音質が大きく向上した。
 (メモリが少なくても音質がよくなる)
・コマンドラインモードが追加された。
・マニュアルに音質向上策がさらに詳しく書かれるようになった。
・Infinity bladeの動作条件にCPUが3コア以上というのが追加された。

D&Dができなくなって使いにくくなりましたが、
音質は確実に向上していることを友人宅で確認しました。
でも、PCに慣れている人は平気かも。
曲の登録自体は意外と直感的に操作できて簡単です。

今回のバージョンは確実に音質がいいと言い切れるレベルにいます。
正直、音質的にどうかなと思う要素は今の私には思いつきません。
理詰めで作ったデバイスやソフトは不思議と音楽性の無いものが
多かったのに、このソフトは音楽性をスポイルしていません。
音楽性を付与もしていないので、
システム本来の性能が出るような気がしています。

凄いよ、このソフト。

ダウンロードはこちら。
 http://oryaaaaa.world.coocan.jp/bughead/

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TrackBack URL :
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

/////////////////////////////////// // ★Amazon用JavaScript /////////////////////////////////// ?>