2日掛けてスフォルツァートを聞いてきた #DSP-03

スポンサーリンク

個人経営のショップだったので、システムが表現
できている音楽の幅がものすごく広くて参考になりました。

店主が言うにはdCS VivaldiやLINN KLIMAX/DSは
DSP-03のさらに上ということでしたが、
そこまでの差を見せてくれたショップ、イベントが
ないので、私の方は何とも言えません。
プレイヤー側でこんなに差を感じたのは、
私は今回が初めてでしたので。

私が言えるのは、
DSP-03がプレイヤーを数段追い抜いていること、
表現のクオリティが極めて高いこと、この2つだけです。
システムの基本点が高いショップで聞くことをお勧めします。

^^^^^^^^^^^^^^^^
それでもシグマデルタの違和感は分からなかった

私にはこれがあるから選択肢がめちゃくちゃ
狭くなって大変なんですよね・・・。
こればかりは自宅で出来るだけ長く聞かせてもらわないと
判断できなさそうです。

DACを買ったタイミングが最悪だったな・・・。

DSP-03は2013年8月発売と発売されたばかりなので、
もう仕方が無いといえば仕方が無いのですが、
仕方が無いで割り切れないほどの差がある・・・。

これは、今後数年間、
オーディオ界の話題の中心にいてもおかしくない。
今まで試聴してきたES9018搭載機の中で、
一番まっとうで一番素直な音がします。

久しぶりに人にお勧めできる機材を見つけたように思いました。

^^^^^^^^^^^^^^^^
まあ、環境も差も大きいので

今度、大手のショップでスフォルツァートのイベントがあったら
参加してみます。きっと今回ほどの差はでないでしょうけど、
それを確認するためだけでも行く価値があると思っています。

こんなに印象に残った機材は本当に久しぶりです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TrackBack URL :
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

/////////////////////////////////// // ★Amazon用JavaScript /////////////////////////////////// ?>