Asukaは間違いなく効果がある・・・けど #FIL-MASTER-PRO

スポンサーリンク

二日ほどpppで耳慣らしをして、
再度Asukaに変更してみました。

・音量を大きくしてもあまり五月蠅くならない。
 (私のシステムの破綻部分がカバーできる)
・infectionの音の掠れが気にならなくなる。
・音の調和が難しい早見沙織が鳴る。

私のフェーダーで苦しくてFundamentalのLA10にしないと
厳しいと思っていた破綻部分への対処ができるなら、
このフィルタは格安と言ってもいい。
ただ、音量を小さくした時の情報量がそんなに増えないので、
やっぱりLA10は必要かなーと思ったり。

よくなるのは間違いありませんが、
やっぱり程度というものがありまして。
機材交換とどっちが上かというのは、
やっぱり試さないと分からない部分なので・・・。
Asukaのフィルタに限っては、機材交換より
フィルタ導入の方が上という声が大きいようですけれど。

FIL-MASTER-PROは販売価格25万前後。
やっぱりシステムトータルで200万クラスの人向けですよね。
50万の機材を100万にする前にフィルタを導入する、
というのがバランスとしても丁度良いと思います。

定価換算でいいなら私も200万超えてますけど、どうかなあ・・・。
初日の変化量なら圧倒的にフィルタが優勢なのですけど、
今改めて聞き直すとそこまで圧倒的じゃなく感じるし。

^^^^^^^^^^^^^^^
長く聞いていると少しずつ違うところが見えてくる

音の柔らかさ、滑らかさ、音の調和の部分が意外とよくなってる。
音量の小さい音も、自分を少しずつ小さい音量に鳴らしていくと、
今までよりはよくなっている印象があります。

新DACで低域不足を全く感じないのはいいなあ・・・。
これなら最後まで新DACを使い倒してもいいと思える。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TrackBack URL :
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

/////////////////////////////////// // ★Amazon用JavaScript /////////////////////////////////// ?>