不定愁訴やアレルギーの方向け、サプリ情報のまとめ

スポンサーリンク

私の30年以上に及ぶ不定愁訴がサプリを飲むことで
大幅に改善しましたので、とりあえずサプリの情報だけでも
残しておこうと思いまして。

細かい内容は全部省略していますので、
効能などは詳しく書かれている方のサイトに譲ります。

詳しいサイトは「で、何を摂ればいいの?」というところが
意外とまとまっていなくて、私自身が必要なサプリの選定にかなり苦労
したこともあり、大まかな症状と効果的なサプリに絞って紹介しています。

紹介しているものの9割以上は私が実際に調べて購入し、使っているものです。
添加物が少なくて安い製品の中から大量のコメントを読んで良さそうなものを
数十時間以上かけて調べて掲載していますので、とりあえず使ってみたい方は
そのままリンクに飛んで頂ければと思います。

通販サイトはiherbが便利のようです

今はかなり多くの方がiherbからサプリを購入されているようです。
私が罹患している副腎疲労とリーキーガット症候群で検索して読んだ記事は
100%がiHerbのサイトからサプリを購入されていました。

私もここを使っていますし、十分安いのでiherbでいいと思います。
紹介コードを使うと5%オフになりますし、知人の方に紹介コードを
使ってもらうと紹介した方も5%のポイントが貰えますので、
知り合いの方がいらっしゃったら一緒に使うといいと思います。

なお、私のコードはこちらです。:ROS2987

知人のコードがない方は宜しければお使い下さい。
カートの確認画面で商品一覧の左上に小さい入力枠があります。

iherbは$40(4500円前後)購入すると送料が無料になりますが、
3000円くらいでも送料は300円程度で済みます。
あまりまとめすぎると(1万数千円を超えると)関税が掛かりますので、
そこは他の詳しい方のサイトを参照してみてください。

記事を読むのが面倒くさい方のために

結論を数行で。

今の日本で普通の生活をしていたら100%栄養不足になることは
確定事項のようです。そのため、全部入りのサプリを飲むと
かなり大きな違いが得られるので(私はビタミンBだけで驚くほど違いました)
お試しで飲んでみるのもいいと思います。

どうして日本製より海外製のサプリのほうがいいの?

圧倒的に安い

日本製のものと比べて1/3~1/2くらいで買えるものが普通です。
薬で治らなかった人はサプリをいろいろ買うことになりますので、
海外製のものを使わないと金銭的に苦しくなると思います。

私も目に見える効果が出てくるまでに3万円も使いましたし、
これを日本製のもので何とかしようとしていたら、
こんなに身体はよくなっていなかったでしょう。

事実、10年くらい前に栄養療法で月7万くらい
日本製サプリを使っていたことがあるのですが、
今回初めて購入したビタミンBコンプレックス1つに
負けるほど効果が無くて酷いものでした。

身体への吸収率を考えている

ミネラルもビタミンもこの点での配慮が
日本製と海外製で大きく大きく違います。

親が薬好きだったので私も日本の製品をいろいろ飲まされましたが、
栄養剤系で効果を感じたものは、医者から処方されたものを
含めても1つもありませんでした。

しかし、海外製のものは吸収率をしっかり考慮しているため
効きが大きく違います。

ビタミンであれば活性型、ミネラルであればキレートされたものを
選ぶと効果が大きいです。(大半のものはそうなっています)
鉄、マグネシウム、ビタミンBなどは特に大きく差が出るようです。

日本生まれの還元型CoQ10は効果が大きいらしいのですが、
価格の高さで海外に先を越されている感があります。

原料への配慮も行っていて、添加物が少ない

個人的に、これが一番大きいポイントでした。

私の身体の治療をして頂いている鍼灸の先生がこの点をかなり気に
されているため、サプリの導入はずっと後回しにしていたのですが、
下血や痛みが酷くてサプリを飲まないといよいよ大変なことになると
感じていろいろ調べてみたら、日本とは比べものにならないほど
気を使っていることが分かりまして、今回サプリの導入に踏み切った
という経緯があります。

なお、私の鍼灸の先生が摂るとよくないと言っているものは、
栄養療法の詳しい方々のコミュミティで言われているものと
ほとんどが一致します。

現場で正しいものを見てノウハウを積み上げ続けている方は
常に正しいんだなと思わずにはいられませんでした。

カプセルは海外向けなので相当大きいです

日本人には2回りほど大きいという印象です。
また、鉄不足だと飲みにくくなるそうです。
今は鉄不足の方が多いので、余計に飲みにくいようですね。

口で溶けて中のものが出ても効果には大きな影響はないようなので、
あまり気にしないで飲むのがいいようです。
魚油系は味が凄いのでカプセルを空けて飲むのは
現実的じゃありませんけれども(汗)
私は塩酸ベタインも口で溶かしながら飲んでます。

今回紹介したサプリは、消化酵素以外は全部かなりの大きさです。
こればかりは仕方ありません。

私が調べた&使ったサプリと効能をまとめました

私の調べた範囲内のものしかありませんが、
かなり多くの方に通用すると思いますので、参考にしてみてください。

私の調べたキーワードは、副腎疲労、リーキーガット症候群、栄養不足、
食物アレルギー、花粉症、慢性疲労症候群、うつ病、ADHD、発達障害です。

腸の環境をよくして足りない栄養を補給すると精神的に安定するらしく、
うつ病、ADHD、発達障害やネガティブ思考までも改善するみたいですよ?

結構前に子どもがキレやすいということでテレビなどで話題になりましたが、
サプリで改善していくと、かなりよくなるケースが多いようです。
今のストレス社会のストレスの強さは尋常じゃありませんからね。

胃のもたれ、むかつき、逆流性食道炎、消化力のアップ

ここで知っておくべきは、胃薬は逆効果で禁忌なこと。
(もちろん胃潰瘍の方は別ですよ?)

日本製の胃薬は胃酸を減らすものばかり。

つまり、胃酸が減る
->消化能力が落ちる、小腸の環境が悪くなる
->症状が悪化する

となるため、碌なことになりません。
この症状には塩酸ベタイン(胃酸)と消化酵素がかなり効果的です。

私に限って言えば、塩酸ベタインだけでもいいと思うくらい効果的です。
胃がもたれやすい食事の時に摂るだけで効果がありますが、
食前か食中に摂取するのが効果的なようです。

消化酵素は食後に摂っても胃もたれの改善にはならない
という報告が多いです。(私もそんな気がします)
塩酸ベタインは食後でも効果を実感しています。

アレルギーが大量にある私は、少しでも消化してアレルギー反応が
減るように両方を摂るようにしています。

消化器官の粘膜の強化

L-グルタミン、マグネシウム、亜鉛、ビタミンA、ビタミンD

粘膜の強化にはL-グルタミンが相当効きます。
私に関して言えば飛び抜けて効果的でした。
今は国内でも手術後にL-グルタミンが使われていることもあるみたいです。

L-グルタミンは朝起きる度に肌の質感がよくなるほど私に効きまして、
これが無かったら大腸の内視鏡検査は受けられなかったと思うくらいです。
(以前は検査が終わった数日後に腸から出血して大変でした)
ガスを出す時に腸内の粘膜が強化されているのが分かるくらいです。

次点でマグネシウム。
カルシウムを摂りすぎるとマグネシウムは排泄されてしまうため、
乳製品をよく食べる方はマグネシウム単独で摂取するのがいいようです。

亜鉛はマルチミネラル系でも十分摂れますし、日本製の製品でも
キレート化されていますので、個別購入は不要と思います。

ビタミンA、ビタミンDは粘膜と肌の回復にゆっくりと効いてくるそうです。
天然のものでもビタミンAとDに関してはかなり安いのが海外製。
コストが掛かるものはちゃんと価格も高いので、変なものではありません。
日本製サプリがいろいろとおかしいのです。

また、花粉症にビタミンDは効果があるとのこと。
安いのでお試しでもいいと思います。
ビタミンDは脂溶性で摂りすぎると問題になりますので、
1日2000IU~6000IUくらいに留めておいたほうがいいかもしれません。
(上の錠剤は1つ2000IUです)

疲労回復に

ビタミンB、鉄、マグネシウム、亜鉛。

効果が大きいのはビタミンB。

マルチビタミン&ミネラルで一気に摂るのが楽で効果的だったりもします。

鉄は女性の方ならほとんどの方が不足しているでしょう。
鉄とマグネシウムは国内製品だとキレート化されておらず
吸収率が非常に悪いので、海外製のものを用意しておくといいと思います。

鉄(摂りすぎは禁忌なので含有量が18mgと程々のものを)

こちらはマグネシウムの吸収率が特に高い製品なのですが、安いです。

便秘対策

腸の粘膜の回復にL-グルタミン、
発酵効率を上げるために乳酸菌と水溶性食物繊維。
このあたりでかなり違ってくると思います。

L-グルタミンはある程度の量を摂る必要があるので、
パウダーのものを購入したほうが安上がりだと思います。

水溶性食物繊維についてはこちらの記事をご覧下さい。

便秘対策に水溶性食物繊維を取り入れました
毎日毎日圧力鍋で野菜を煮るのも大変なのと、 食材から水溶性食物繊維を必要量摂るのが どうしても難しくて困っていました。 んで、Am...

乳酸菌については次の項で少し説明します。

便秘対策の乳酸菌

私は日本製では珍しい添加物の少ない処方薬のミヤBM細粒を使っていますが、
市販薬ならミヤリサンというものがあります。
ビオフェルミンは添加物があまりにも多いのでお薦めしません。

強ミヤリサン 錠 330錠 [指定医薬部外品]
強ミヤリサン 錠 330錠 [指定医薬部外品]
発売日:2005/04/25
価格:¥1,680

乳酸菌はiherbでかなりの売れ筋らしいのですが、
数が多すぎるのと個人によって効く効かないが激しいので
各自で調べられるのがいいと思います。

私が実際に使った感覚としては、水溶性食物繊維と
L-グルタミンの方が遥かに効果的と感じています。

腎臓の機能補助に

排毒に大事なのは肝臓と腎臓ですが、
肝臓サポート専用のサプリもあるみたいです。
(私は試していません)

私は腎臓の機能が弱いので、アンモニアの分解を助ける
働きのあるL-カルニチン、L-オルニチンを摂っています。
使い始めたばかりなので効果は乞うご期待。

アルギニン、オルニチン、リジン

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TrackBack URL :
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

/////////////////////////////////// // ★Amazon用JavaScript /////////////////////////////////// ?>