Astell&KernはどうしてDSD->PCM変換をするのだろう

スポンサーリンク

AK120II
「AK120II 128GB ストーンシルバー」

Phile-webより。
Astell&Kern、「AK120II」は約21万円で6月13日発売

・DACは、第1世代で使用したウォルフソン製「WM8740」から
 シーラス・ロジック製「CS4398」に変更。
 左右独立のデュアルDAC構成を採用している。

・DSDは5.6MHz/2.8MHzに対応しており、
 それぞれPCM 176.4kHz/24bitに変換して再生される。

最新の携帯プレーヤーでも、
相変わらずPCM変換を行うAstell&Kern。

巷ではDSD、DSDって騒いでいるのだから、
DSD->PCM変換を行う理由をメーカーに聞いてほしい。
・・・ヘッドホン祭とかで聞いてもいいのかな・・・。

流通しているDAC-ICの大半がDSD対応なのに、
後段のアナログ回路もそのまま流用できるのに、
なぜPCMに変換するんだろう・・・。
電池も持たなくなるのに。

今度直接聞いてみるか・・・。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TrackBack URL :
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

/////////////////////////////////// // ★Amazon用JavaScript /////////////////////////////////// ?>