ハイレゾ音源が1000円なら買うよね #ハイレゾ配信 #e-onkyo

スポンサーリンク

jas0001
輝くチェンバロ YOKO ISHIKAWA~第9回生録会 at 松本記念音楽迎賓館

e-onkyoでガルパンを抜いて販売数トップになった音源です。
なんでトップになれたんだろうと思って見てみたら、
価格が安い。どのフォーマットでも1000円。
そりゃ売れるわ。

オーディオ協会の生録会の音源ということですが、
マルチ録音でEQも入っていてかなり本格的。
試聴データを聴けば分かりますが素人っぽい音はしません。

チェンバロソロなのであまり面白くないという欠点はありますが、
とりあえずハイレゾってどんなもん?という人にはぴったり。

こういう企画が交響曲で実施されるとハイレゾって凄いって
認知されるだろうに勿体ないな。
チェンバロだとハイレゾってこんなもん?ってなる人が
たくさん居る気がします。大体、古楽みんな聴かないし。

クラシック好きの人は聴くけどオーディオマニアは聴かないのかな。
お店に行くと古楽の棚がやたら広かったりするのですが、
オーディオやってて古楽聴く人はほんといませんからね・・・。

^^^^^^^^^^^^^
クラヴィコードは一回、生で聴いてほしいかな

鍵盤楽器の中でもかなり古い楽器。
構造的に音量が取れないんですが、鍵盤楽器の中で
最も音色が豊かで、かつ表現の幅が大きい楽器で
個人的にとても気に入っています。

CDが少ないのと、その数少ないCDもクラヴィコードの
魅力がほとんど収録できていないのが難点。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TrackBack URL :
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

/////////////////////////////////// // ★Amazon用JavaScript /////////////////////////////////// ?>