ライントランスはフェーダーとの相性がいいみたい

スポンサーリンク

高周波ノイズ対策で安かったライントランスを買ってみました。
50KHzから-12dB/octでカットする特性なのですが、
新DACの高周波ノイズは全然取れていない模様。
AMラジオで調べる限り、ノイズ量はほとんど減っていないです。

ノイズに関してはそんな感じですが、
音はなかなか悪くない。

大音量時に音が歪むという私のフェーダーの弱点が
大幅に緩和されました。
感覚的に1/10以下くらいにはなっています。
インピーダンスマッチングってそんなに重要だったのか。

というか、これに関しては入力インピーダンスの違いによる
負荷の軽減によるところが大きいか。
600Ωと10kΩじゃ、20倍近く違いますし。

アクティブプリと比べるとノイズも違和感も全然少なくて好印象。
パッシブを使っている人は試してみるのも悪くないかも。

微小音が少し減っている印象が少しありますが、
ウェルフロートボードよりは減っていません。
ま、しばらく使ってみます。

^^^^^^^^^^^^
ちょっと違和感あるかな

曲によっては気にならないものもありますけど、
聞いていて少しずつ不快感が増してくる感覚があります。

難しい・・・。

^^^^^^^^^^^^
全体的によくなる楽曲が多い

違和感が前に来る音源もないことはないのですが、
トータルで見るとよくなった音源が多いようです。
満遍なくよくなっている印象。

それと、やっぱり刺々しい感じは大分減っています。
ラジオで計測した限りではほとんど差はないのだけど。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TrackBack URL :
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

/////////////////////////////////// // ★Amazon用JavaScript /////////////////////////////////// ?>