ちょっと昔を懐かしんでみる:初めてのスピーカー探し

スポンサーリンク

高校時代にオーディオ機器のカタログを集め始めてから、
自分のスピーカーを買うまでに4年ほど掛かりました。
DATはパイオニアのD-07を早々に買ったんですけど。

この頃はお店に行ってもどうやって機材を選んでいいか
全く分かりませんでした。
なにせ、店員さんろくに話してくれないし、
周りにオーディオやっている人なんていないし、
本を読んでもオーディオの買い方書いてないし、
なにより音が出ていない。
足蹴く通っても音が鳴っていることがほとんどない。

みんなどうやって選んでいるのか本気で分からなかった。
年に1回、高級オーディオショーみたいなのがホテルで
開催されていたのですけど、そこでも音が鳴っていた記憶がない。

そんなもんだから、機材への憧れとか音への憧れ
というのは全然ありませんでした。

予算が5万で売れてるのがDIATONEだったから買った、
当時購入した理由は本当にその程度です。

その頃、ようやく輸入スピーカーが増えつつあった頃でしたが、
その時は音色が暗いのと音が重いのとで好きになれなくて。
ま、DIATONEを買ってからはあまりの低音の出なさに苦労するのですが。

今も低価格帯のスピーカーはあまり試聴していないので、
どれがいいか聞かれても答えることができないです・・・。
とりあえず20万は貯めようと言ってしまいたくなる。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TrackBack URL :
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

/////////////////////////////////// // ★Amazon用JavaScript /////////////////////////////////// ?>