圧縮音源というか帯域の狭い音源はよくないなあ

スポンサーリンク

帯域の狭い音に慣れてしまうと、
正しい音源を聞いたときに違和感を感じてしまう。
フラットな音源なのにドンシャリに聞こえてしまいます。
2時間前後あれば治りますけど、基準を都度動かさないと
いけないというのは個人的に嫌です。

スピーカー、イヤホン、生楽器で、
音源の帯域バランスと位相を全く弄らなくていいというのが、
最も正しい音の調整法だと私は思っていますから。

Hi-bitレガートリンクSみたいにビット拡張とレート拡張してくれる
DACを別途用意しようかな・・・。
圧縮音源だし、音質はそれほど高くなくてもいいでしょう。
ヘッドホンアンプを買うよかよっぽど健全だと思います。

ビクターのK2の方がいいかな。
K2安いの出てたかな・・・。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TrackBack URL :
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

/////////////////////////////////// // ★Amazon用JavaScript /////////////////////////////////// ?>