いやまあ、私の手持ち楽曲の音質はそれなりですけど

スポンサーリンク

私の持ち込み試聴曲に音が悪いとの烙印が
↑こちらのお話の続き。

基本、私は古楽と声優さんの楽曲ばかりなので、
クラシックとボーカル曲という括りで音質を判断しています。

クラシックはさすがに長く聴いているので
試聴会やデモで音いいなと思うことはほとんどないのですが、
私が厳選した楽曲が外でさっぱり鳴らないのが悔しい・・・。
弦が鳴らない。中域に魅力がない。

ボーカル曲は、Jazzの良録音にはまるで敵わないです。
もう何もかもが違う。だけど、POPS相手なら洋楽が相手でも
それほど音質に差を感じたことはありません。

なのですが、最近のスピーカーは概して中域が薄く、
密度感が希薄で質感を表現できるものが非常に少ないため、
やっぱり私が選んだ音源がことごとく鳴らない・・・。

なんかもう、一人取り残された気分です、ほんと。
一般人と感覚が違うのは分かるとしても、
オーディオやっている人とも音楽好きの人とも感覚が合わない。

オーディオを高いレベルで鳴らせてる人とは話が合うんですが、
そんな人は極々一握りですよ・・・。
(私がいいと思ってる部分を分かってもらえる。
 私がついていけているかどうかは不明。)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TrackBack URL :
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

/////////////////////////////////// // ★Amazon用JavaScript /////////////////////////////////// ?>