ヘッドホン出力を真面目に比較しちゃうといろいろ厳しい

スポンサーリンク

新DAC vs fireface800ですが、
絶望的なほどの差があります。新DAC圧勝。
fireface800のヘッドホン出力も相当高いレベルに
あったのに、それを軽くかわしてしまうほどの差。

NOSDACなのになんでこんなに情緒深く鳴るんだ、これ。
高いヘッドホンアンプだったけど、
それに見合う音が出てますわ・・・音質的に。

聞きやすさとかを含めるとスフォルツァートには
負けるかもしれないけど、少なくともアタマ差
以上の差は離れていないと思う。

っていうか、fireface800の音が聞いていられない。
この嫌な感じはデジタルフィルタとシグマデルタ型の音。
スフォルツァートはこの壁を越えられるのか、
越えてくるのか・・・。
そこは正直、並べて比較しないと分からないです。

^^^^^^^^^^^^^^^^
まあ、なんでこんなことをしているかというと

本来は鳴らない、鳴ってはいけない音源が
ES9018で鳴ってしまう場合があるからです。
録音の悪い音源が鳴ってしまうのがいいことなのか、
悪いことなのか、分からないんです・・・。
ここのところで悩んでいる人も見かけないし・・・。

ただ、これだけは言わせてもらう。
アキュのC-2820の脚色は絶対に間違ってる。
音を殺し、なんでも適当に鳴る、そんな音は間違ってる。
この音が今の業界の最大公約数の音なのかもしれませんが、
私はこの音を絶対に認めない。認めるわけにはいかない。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TrackBack URL :
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

/////////////////////////////////// // ★Amazon用JavaScript /////////////////////////////////// ?>