オケはレコードだとだいぶ苦しいですね

スポンサーリンク

SACD、ハイレゾになって恩恵を一番受けているジャンルは
情報量とダイナミックレンジが広いオケ(交響曲)ですが、
レコードでオケを聞く機会がなかなか無くて。
今までレコードと言ったら、歌謡曲、Jazz、
ピアノかバイオリンのソナタが精々でした。

で、丁度聞く機会があったのですが、
オケはレコードだとなかなか厳しいという印象です。

音色のよさが、基本スペックの低さと
情報量の少なさで相殺されてしまう。
高域も伸びてないからバイオリンがよく鳴ってくれない。
音だけ聞いたらレコードは選べないな・・・。

私のシステムだとオケが面白くなくて
現代ハイエンドだと面白い、というのに似ています。

室内楽だと音色だけで押し切れるので、
レコードが優勢になってもおかしくないのだけど。
室内楽というか古楽はさらに聞く機会がないので大変ですが・・・。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TrackBack URL :
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

/////////////////////////////////// // ★Amazon用JavaScript /////////////////////////////////// ?>