久しぶりのカラオケでいろいろと。採点がまた楽しくなってました(修正完)

スポンサーリンク

ちょっと無理しすぎて寝込んでいたのでリハビリです。
先にアップしてから中身を書きます。

一月前くらいに体調の悪い中無理矢理カラオケに行ったのですが、
4時間以上部屋にいても大丈夫なほど回復していました。
昨年は2時間持たなかったことを考えると、
好転反応らしきものでズタボロになっていても回復してるんだなーと。
いや、もう、当事者としては回復してるかしてないかなんて
分からないほど毎日がジェットコースターという感じですが。

採点プログラムがよくなっていたり、
音程がどうしても合わなくて困っていた理由が判明したり、
いろいろと備忘録的に。

採点プログラムがよくなっていました

精密採点DXがあまりに使えなくてずっと精密採点2を使っていたのですが、
精密採点DX-Gに進化してようやく使えるようになりました。
あ、詳しいことはマニアの方のブログを参照してください。

私が気づいた点だけ並べていきます。

・音程表示精度が大幅に向上(1/4音までは確実に捕捉してる印象)
・音程を上げると点数が上がるようになった。
・早送りと巻き戻しは使い勝手が悪いままです。

私の歌唱力で93点はちょっとやりすぎな気はしますけど。

精密採点DXだと、音程をいくら上げても点数が伸びず、
リアルタイムで表示される音程はほとんどズレていないのに
結果画面では音程がボロボロだったため、
練習にもならないし遊びとしても楽しくなくて酷いものでした。

精密採点DX-Gは音程の比重が上がったため練習すれば点数が上がるし、
僅かな音のズレも画面に表示されるようになったので、
練習にも使えるようになっていました。
これでようやく精密採点2を使わなくて済みます。

音程が合わなくなっていた理由は騒音難聴でした

・耳栓したら音程が10%前後上昇するとかほんと・・。
・いくら音量を絞っても、カラオケルームは五月蝿いです。

歌を歌っている時以外は耳栓をすることで、
ガイドメロディの音程をようやく聞き取れるようになりました。
カラオケルームは暗騒音(スピーカー出力をOFFにした時の音量)が
70dB以上もあって、私の耳が悲鳴を上げるには十分な音量なんですよね。

元々ボリュームはかなり控えめにしていたのですが、
暗騒音がそれだけ酷いことに気づかなかったのが失敗でした。

通りで歌い慣れていない序盤が点数が高く、
声が出るようになる中盤以降でなぜか点数が出ないという状態で
どうしてだろうと不思議だったんですよ。

新しいデンモクが超使い辛いです

演奏中止ボタンを物理ボタンにしなかったのは問題です。
ボタンを押すのにいちいち5秒以上掛かって面倒で仕方ありません。

少し前までは古いデンモクも一緒に置かれていたのに。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TrackBack URL :
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

/////////////////////////////////// // ★Amazon用JavaScript /////////////////////////////////// ?>