今のDACは選ぶのが難しいと思う

スポンサーリンク

昔(1990年くらい)に比べていろいろな意味で難しいのですが、
いい音のDACが少なくなっているというのが現実だと思っています。
解像度と情報量だけ、なんですよ・・・。
TAD-D600は三次元定位も出ますけど、これだけかな、
高精度クロックを謳って定位がしっかりでるの。

心地よく長く聞ける音、優しい音、色合いのいい音、
聞いてて楽しい音、演奏者の内面が見える音、
そういう音が出なくなっています。
最近のDACのレビューを見てご覧なさいな。
私が上に書いたような表現を使っていますか?
使ってないでしょ。そういう音、出てないんだもの。

TDA1541Aを聞いて面白くないっていうなら素直に新しいDACを薦めますが、
これのよさが分かる人には昔のマルチビットDACをお薦めしたい。
いや、ほんとマルチビットならどれでもいい感じですよ。
中古屋に通って結構聞きましたけど、
マルチビットならそんなに差はないようです。
TDA1541Aは有名なだけなので、他のマルチビットでも十分。
音質的にTDA1541Aが明確に優位ということはないと思います。

こういうのとか良いと思うんだけど。
600x450-2013090900001
Accuphase アキュフェーズ DC-81L D/Aコンバーター @ ヤフオク

関連記事はこちらから

http://purepure.wp.xdomain.jp/?s=マルチビット+DAC

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TrackBack URL :
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

/////////////////////////////////// // ★Amazon用JavaScript /////////////////////////////////// ?>