【自己肯定感】プロゲーマー梅原大吾氏の公演

スポンサーリンク

周りから責められるより自分から責められる方が辛くない?
という内容が、今回は主軸になっているようです。

昨日まで、私は何度か倒れそうになりながら無理をして
記事を書いていたのですが、この公演と重なる部分がとても
多かったので、これはタイミングだったんだろうなーと感じました。

本日、2018年2月4日の公演になります。

公演の動画はこちら

私の文章の100万倍くらい響くと思います。

見据えているところは私と全く同じなのですが、
いかんせん私は人に届ける力が弱すぎます。

前日までに私が書いた記事と内容が完全にリンクしているので、
併せて見て頂くと、何か発見があるのではないかと思います。

明日死ぬとしたら後悔する?という質問に対して、後悔しないと
いう回答をこんなにしっかり返せる人ってそんなにいないですよね。

昨年、プロゲーマーという世界を知ってよかった

梅原氏の漫画からBeasTVとTOPANGATVを見るようになって、
EVO2017でときど氏が優勝して。
本当にいいタイミングでこの世界に出会えました。

私は当分、このストリートファイターVに関わるプロゲーマー達の
戦いを追い続けることになると思います。

一般大衆と成功者の考え方は真逆なのですが

一般大衆の多くは「他人のことを考えなさい」と言いますが、
裏には「自分の気持ちを汲み取ってほしい」という心理が
常に隠れているのではないかと私は思っています。
だから「他人が他人が」という言葉が出てくるんですよね。

でも、成功者は自分はこうする、
自分はこうしてきたとしか言わないんですよね。

「自分の歩く道を自分で決められない人が成功できる訳がない」

大事なことってたったこれだけだと思うのですが。

質疑応答も相変わらずよかったです

梅原氏のいろいろな配信をずっと見てきましたが、
梅原氏が今の立ち位置にいるのって必然だと私は思っています。
思考が深くて広いんですよね。

印象的だったものをいくつかご紹介します。
基本、ネタバレです。

成長するために必要なもの

成長するために必要なものは何かあるか?

という質問に対して、
梅原氏はこれというものを返答できませんでした。

一般的には友だちがいるから頑張れる、家族がいるから頑張れる、
そんな言葉が出てくるのだと思います。
でも、成長って自分自身との戦いですから、
エネルギー源を他人に求めている時点で限界があるんですよね。
それって結局、依存症(自分に自信がないから他人に認めてほしい
という気持ちが常に前に出る)の考え方ですから。

成長するために自分が何をすればいいのか、それしか考えていないからこそ
梅原氏はこの質問には答えられなかったのだと私は思うのですが、
如何でしょうか。

好きなものの探しかた

「無償で取り組めるもの」が何なのかを考えると
発見しやすいのではないかと言われていました。

凄いですよね・・・私にはそういうまとめ方はできませんでした。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TrackBack URL :
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

/////////////////////////////////// // ★Amazon用JavaScript /////////////////////////////////// ?>