コメント返信。「一人交換日記」11通目感想

スポンサーリンク

コメント返信で2000文字を超えるというおかしなことになったため、
新しい記事を起こすことにしました。

「一人交換日記」11通目への感想の記事に頂いた
こちらのコメントへの返信になります。

「一人交換日記」11通目感想。この感覚、普通の人に分かるのかな #永田カビ
分かる方が間違っているのでしょうが、 残念ながら分かってしまうんですよね。 「一人交換日記」11通目 永田カビ「一人交換...

#2016-1031更新 最終的な答えについて修正

心の傷の見極めは当人にしかできない

>「心の傷が癒えたかどうかの見極めは、自己肯定の低い人は難しい」とあります。

すみません、そこは私の書き方がまずかったかもです。
そこの部分は、
「心の傷が癒えたかどうかの見極めを、他人がするのは難しい。
それは自己肯定感が低い経験をした人でも分からないかもしれない」

というのが私の書きたかったことです。
見極めは当人にしかできない、という意味になります。

論理的思考に頼ると楽になると思います

>なんか、ぜんぶ自分で組み立ててやらなきゃいけないから、すごく大変ですよね。

ポイントを押さえればあとは答えがポロポロ見えてくる気がします。

ただ、ポイントを押さえるには考え方の癖に気づいて矯正する必要があるので、
そこはどうしても論理的に組み立てないと気付くのは難しいと思います。
正しいと思っているものの根底が間違っているという事実は、
普通、そう簡単に気づけるものではないですから。

「自己肯定感の低さ」から抜け出すということ

>お聞きしてよいのか恐縮ですが、Purepureさんはどのようにして自己肯定をもち、心の傷が癒えたとしましたか?

※私に対しては遠慮することなく何でもご質問下さい。
 答えられるものであれば可能な限りお答えします。
 と言いますか、答えを知ってしまってから答えを知らない方に
 届く記事を書くのはあまりにも難しすぎるので、
 ツッコミして頂いた方が有難いです。
 
私の場合は少し特殊で、本を読んで答えを先に知って、
それをそのまま採用するには自分が正しいと思っていたことに
間違いがあることを認めないといけない状況になりました。

そこから逆算して思考と行動を変えてみると
どんどん身体も気持ちも楽になっていったことから、
正解の道を歩くと楽になるということを実感しましたので、
この道でいいんだと、この考え方でいいんだと分かりました。

その上で、私が今まで散々悩んで試行錯誤してきたことが
何一つ無駄になっていないことや、私の考え方が決して間違って
いなかった事に気づいて、なるほど、あの苦労には意味があったのだと
実感することができました。

そこまで行ってようやく自己肯定感の低さから抜け出したと
思えるようになりました。(ここでようやく自己肯定ができました)

※少し上の方で「自分が正しいと思っていたことに
 間違いがあることを認めないといけない」と書いていますが、
 正しいと思わされていたことが間違っていて、
 私が正しいんじゃないかと思っていたことが実は正解だったという感じです。

心の傷は完全に消えなくてもいい

なお、私の心の傷はまだ癒えていないですし、
心の傷は完全には消えず一生背負うものだと思いますし、
それでいいのだと思っています。

永田さんもそうですが、心の傷は正しい道を歩き始めると
少しずつ癒えてくるのではないかと思います。
それでいいのだと、心の傷を負うことが大事だったのだと、
道を違えていなければ、いずれそう思えるようになる気がします。

そう言えるくらいには私も楽になったのですよ。

答えを知ってからKOKIAの「光の中に」という曲を聴いた時の衝撃は
なかなか来るものがありました。

昨年の私を象徴する曲を思い出しました #KOKIA 光の中に
もう1曲は以前紹介した鬼束ちひろの「声」です。 キャラソンアルバムに収録されていた「光の中に」という曲です。 このアルバムは...

この曲の歌詞には「信じたいの」とあるのですが、
その信じたいことが間違っていなかった事がわかったのですから、
そりゃ衝撃を受けないはずがありません。

なお、こちらの曲の記事は答えを知る前に書いたものです。

「自己肯定感の低さ」の原因に対する考え方

>私は友人にノートに過去の辛かったことをまとめて、自己肯定の低さの原因を遡ってます。(永田さんのように論理だてられないのですが。)

ノートに書いて試行錯誤することや他人の力を借りることは
抜け出す近道となりますので、そのまま続けていくのがいいと思います。
答えに気づいた時にその試行錯誤に意味があったことを実感でき、
論理的にも組み立てられるようになるのだと思います。

1つ気をつけることとしては、自己肯定感の低さから抜け出すには
原因を追求するよりも今持っている考え方のどこに問題があるのかを
調べて、1つずつ直していくのが早いようです。
いくら犯人探しをしても意味がないということを自覚できると、
ものすごい勢いで状況が変わり始めます。
逆に言うと、犯人探しをすれば解決するのだと思っていますと
犯人を攻撃して心の安静を得るパターンに陥ってしまい、
その状況になると抜け出すのはかなり難しくなると思います。

自己肯定感の低さは「結果」であって、現在進行形で貶められる
環境にいないのであれば慌てる必要はないようです。
正しい道を歩いていれば原因は自ずと分かるようになりますから、
「どうすれば抜け出せるか」という点に集中するのがいいようです。

最終的な答えは多分みんな同じ(10/31更新)

最終的な答えには大体みんな同じところに行き着くようなのですが、
それを他人から教えてもらっても「答え」だと納得するのは難しいみたいです。
そのため、自分で「答え」を導いて腑に落とすことが大事なようです。

「自己肯定感」カテゴリの記事を書き始めた途中で私は答えを知りました。

答えを知る前、
私は「正しいこと」と「正しくないこと」を必死で選別していましたが、
答えを知ってからは「何が正しいか」がその場ですぐ分かるようになりました。
答えを知ってからは、「何が間違っているか」は問題ではなく、
その出来事の本質に目を向ければいいということが分かりました。
そして、肩肘を張る必要はなく、その場その場で1つずつ対応していけば
いいのだと、それで十分に対応できるということも分かりました。

答えを知った前後で記事のベースにあるものは変わっていないのですが、
答えの導き方が大きく変わったという感じでしょうか。

「今の状況がおかしい」と、そこに気づき、
その原因の1つに自分がいることを認められた時点で、
もう8割は抜け出せたと言えると思います。
ですから、慌てず騒がず、自分の周りに答えがたくさんあると
いうことを、ゆっくりゆっくり実感していくのがいいと思います。

大丈夫。こんなどこの馬の骨とも分からない、
普通とはかけ離れたおかしな記事を書き続けている私の言葉に
何かあると思えた時点で確実に抜け出せますよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TrackBack URL :
スポンサーリンク

『コメント返信。「一人交換日記」11通目感想』へのコメント

  1. 名前:sefi 投稿日:2016/10/31(月) 07:51:11 ID:cf183b731 返信

    どうもありがとうございます。
    私のぶしつけな質問に対して、ここまでたいへん丁寧に答えてくださるので、とても嬉しく思います。本当にありがとうございます!

    「考え方のくせを見つける」というのは盲点でした。過去を遡り原因を見つける、おっしゃるように犯人探しを今までやって来てたと思います…。

    さて、「自己肯定の答えを本で先に知った」とありますが、Purepureさんが読まれていた本はどんな本ですか?タイトルを教えて頂けると幸いです。

    ※私は自己肯定をふっとばして、恋愛で「答えを先に書籍で知る(その答えが正しいかどうかは判断がつかなかったが)→取り敢えず行動を変えた→書籍の書いてある内容に近づき、自分の欲しい結果を掴めた」事がありました。そのときはルールズ、やぐっどうぃる博士の本を読んでました

    • 名前:purepure 投稿日:2016/10/31(月) 23:16:41 ID:5557b5df8

      sefiさん、返信有難うございます。

      あの書き方をすると本のタイトルは?と返ってくるのは想定して
      いましたが、どう返信したらいいものか、そこを考えていませんでした。

      人それぞれ影響を受ける本は違って当たり前ですから、
      いろいろ読まれるのがいいと思います。
      自分の心に響いた本が正解です。
      自分に響けば他の人に響いていなくても正解です。

      また長くなってしまうので返信を箇条書きで。

      ・私もいろいろ書いていますが、
       それでもこの本のタイトルはブログでは書けないです。

      ・ものにはタイミングというものがあって、
       受け入れることができる前に知ってしまうと拒絶してしまい、
       余計な遠回りが必要になってしまうようです。
       (その本の内容を伝えた方の反応が全てそうでした)

      ・私は答えを先に知ったと書きましたが、
       鶏が先か卵が先かを正確に表現するのは難しいです。
       私の場合は受け入れる下地が出来上がっていましたから、
       出会うべきタイミングでその本と出会ったと考えることもできます。

      ・内容を盲信することも問題だと思います。
       思考停止が一番やってはいけないことなので、
       拒絶よりたちが悪いと思います。
       ですから、試行錯誤して自分が答えを導き出すことに
       意味があると記事の方で書いています。

      ・おそらく、答えの正しさよりも自分で導き出すことの方が
       遥かに重要です。正しいことに注視すると道を間違えます。

      ・こんな書き方をしてしまいましたが、割と広く流通している本なので
       既に出会っているかもしれません。
       その本が必要な方はそうやって自然と手に入るものだと思います。

      返信としてはこんな感じです。

      なお、私がその本で見つけた答えはこちらです。

      ・気持ちが楽になることが正しい
      ・失敗してもやり直しが許されている

      最終的に私の出した答えは以下のようなものです。

      正しいものは身近に一杯転がっていて、
      それを自分が受け入れられるかどうかが全て

      上の内容がそのまま深い意味を持つのはおそらく私だけ。
      でも、その答えから導き出されるものは、
      私とは別の答えを見つけた方々とほぼ同じものになるという感じです。

      すみません、うまく説明できなくて。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

/////////////////////////////////// // ★Amazon用JavaScript /////////////////////////////////// ?>