リゼロ第25話(最終話)感想。ただそれだけ

スポンサーリンク

rezero_2016-0919a
9/18放送分 第25話最終回
このロゴ作った人センスありすぎですよ。

ここ最近の2クール作品の中ではあらゆる意味で
飛び抜けていました。素直に面白かったです。

本編25話「ただそれだけの物語」

サブタイトルでそう来ましたか。
最終話だけ予告を出さないでこのタイトル。深いなと。

エミリアが好きだった、ただそれだけ。
このタイトルは間違いなく長月さんですよね。
長月さんさすが分かってらっしゃるって書いちゃいますよ?

大切なものをエミリアから貰ったスバルが足掻き、
足掻いた中でスバルが偶然にもレムに与え、
絶望の淵に立ったスバルがレムからお返しを貰い、
ようやくエミリアを助けてお返しをできた、そんなお話でした。

GIFTはまず周りから与えられ、
そしてGIFTを与えたいと思う気持ちが生まれ連鎖していく、
それが見事にお話として纏まっていました。

動機は単純であればあるほど強い

私はそう思っています。だからサブタイトルを
「ただそれだけの物語」で締めくくったと思っています。
自己肯定感の低さを自覚してる人じゃないと、
この言葉をタイトルにはできないと思うんですよね。
村上龍が「ただそれだけ」って書いても何の説得力もないですし。

動機をいちいち高尚なものにする必要なんてないですよ。
好きだから、お金儲けしたい、モテたい、自慢したい、
それでいいんですよ。

動機が単純であればあるほど
強く長く気持ちが続いていくのですから。

本編の内容を少し

エミリアとのやり取りよりレムとのやり取りの方が響きました

rezero_2016-0919d

私は、ですけれど。
なお、台詞の言葉だけで判断したのではなく、
言葉+芝居の結果として私が受け取った印象を書いています。

君のためって言いながら
君のために頑張る自分に酔っただけなんだ
そうすれば君はそれを受け入れてくれると勝手に思ってた

正直、エミリアをダシにして酔っていたというスバルの言葉は
嘘っぽくてスッと入ってこなかったです。
自嘲気味に話しているとは言え、気持ちが弱くて。
だって、その後の、

エミリアが好きだから
俺は君の力になりたいんだ

こっちの方がよっぽど自然で力まずに伝えていましたから。
25話のスバルの台詞で一番気持ちが籠っていた台詞は
これだと思いました。

13話のエミリアとの決裂の際のゆっけ氏の芝居が凄すぎて、
あれはもう一言一句嘘偽りないと感じていましたので、
それを25話のやり取りでは覆せなくて。
原作を読めばまた違うのかもしれませんが。

エミリアが好きなのもエミリアを助けたいのもスバルの本心。
13話でスバルが分かってほしいとエミリアに縋ったのも本心。
エミリアに助けられたことを伝えられない制約の中で
どんな言葉をエミリアに投げかけるのだろうと思っていたら、
あっさりしすぎていて本当に拍子抜けでした。

でも、これはこれでいいのかも。
形に拘るよりも(助けられたから好きになって助けたいと思った)
伝わる方が(エミリアが好き)大事というのは事実ですし。

原作を読んで補完したいところです。

本当にすごく嫌われているの

本当にすごく嫌われているの

スバルの「エミリアが好き」という台詞に対して返した
エミリアの台詞の1つがこれ。
エミリアの自己肯定感が低い最大の理由がこれ。

なんだろ、こうやって本人の資質とは全く無関係のところで
自己肯定感って踏み躙られるものだよなと、そんなことを思いました。
自己肯定感が低くなる原因の大半は、本人とは無関係な気がしますよ。
(リアルの話です)

それに対して返したスバルの台詞がこれ。

見る目のねーやつらだよ

そうですよね、私も本当にそう思いますよ。
あ、これもリアルの話ですよ?

作画班はやっぱりレムが好き

rezero_2016-0919b
rezero_2016-0919c
エミリアさん、ここだけ3才くらい成長したような?

rezero_2016-0613
11話のレム

今回のエミリアも頑張っていましたけど、
あの溢れすぎるほど溢れていたレム愛を超えるのは無理でした。
11話のレムはもうアニメの作画の領域を超えてましたからね。
一枚絵でもあのレベルのものは早々ないですよ。

作画班の人、レム好きすぎるでしょう。

不穏なコメントがちらほらあって

「Cパートに入れてくると思った」

え。
それって本当はまだあの苦境が続く予定だったと、
そういうこと?

さて、どこから補完していこう

アニメが終わったので不足部分をどこから補おうか迷っています。
長月さんのアニメ解説(ツイート)を見て、
その次になろうの原稿を読むのがいいのかな。
お話はそんなに難しくないし、他の人の考察は読まなくても良さそう。

WhiteAlbum2なんかは伏線を回収しきれなくて
考察を読まないと全然わからなかったので、
ゲームをクリアしてからが本番という雰囲気さえありましたよ。

夏クールの作品は結局1本も見ていないのですが、
秋クールはどうなりますやら。

関連記事はこちらから

「リゼロ」の関連記事はこちら
http://purepure.wp.xdomain.jp/?s=リゼロ

GIFTについてはこちら
http://purepure.wp.xdomain.jp/archives/3964

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TrackBack URL :
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

/////////////////////////////////// // ★Amazon用JavaScript /////////////////////////////////// ?>