自分の感覚を信じるのと周りのアドバイスを聞くことは両立するよ?

スポンサーリンク

「自分を信じる=周りの言うことを一切聞かない」
という考え方になっている人が案外多いような気がしたので。
感覚を信じるのが大事であって、
頭で考える理屈に縛られないことが大事だと思うのですが。

#9/18 アドバイスを聞くことについて追加。

失敗するパターンはそんなに多くない気がするのだけど

  • 自分を過信して他人のアドバイスを聞かない
  • 人のアドバイスばかり聞こうとして何をやっていいか分からなくなる
  • 奇跡に頼ろうとする

失敗するのって精々この3パターンくらいではないでしょうか。
なお、私の回復が遅れた理由ですが、

  • 今の鍼の先生以外に正しい答えを知っている人がいなかった

というものでした。
何を取り入れても改善しなかったのは、
その中に正解が1つもなかったからです。

自分の感覚を信じるってどういうこと?

理屈で感覚をねじ伏せないってことです。

身体がストレスを感じるものは
それだけでは正しいか正しくないかは分かりませんが、
心が重くなるようなものは大概が間違っていると思います。

常識を信じて苦しくなるなら、
それは信じた常識が間違ってると思うんですよ。
それを、「みんなやってるから正しいんだ」とか、
「こういうことだから正しいんだ」などと、
目先の理屈で自分の感覚をねじ伏せるのが間違っていると言っています。

心に重荷を抱えていてそれが症状として出てくるなんてものは
誰が何と言おうと抱えるという行為が間違っています。
心が軽くなることが正しいので、吐き出すか受け止め方を
変える必要があります。ただそれだけです。
薬を飲んで「痛みを感じなくなった=治った」じゃありません。
そうやって自分の感覚を無視するから症状が悪化するのだと思います。

何が正しくて何が正しくないか、それを常識にとらわれず
自分の感覚を頼りに取捨選別することが、
「自分の感覚を信じる」ということなのだと私は考えています。

ですから、答えは1つに定まるものではないと思います。

苦しい状態が続くなら他人のアドバイスを試すべき(9/18追加)

苦しい状態が続くということは、自分が正しいと思っていることが
何か間違っているということです。そういう時って前提条件が
間違っている事が多いので、自分で試行錯誤して抜け出すのは大変です。

それまで他人のアドバイスを聴いていないという自覚があるのであれば、
積極的にアドバイスを取り入れるべきと思います。
そして、取り入れたアドバイスが正しいかどうかを自分の感覚で
判断して、取捨選択していけばいいのではないかと。

この世は実際にやってみないとわからないことだらけです。
頭で最初からダメだと決めつけるほど勿体無いことはないです。

一度ダメだと思ったことでも後で覆ることがあるよ?(9/18追加)

状況によって正解って変わることが多いので、
何をやってもうまくいかないときは過去にダメだったことを
もう一度試してみるのがいいと思います。
私の場合、早い段階で試してダメだと思って除外したものが
あとから見ると正解だったということが意外と多かったです。
3度4度とやり直したことも割とあります。

過去にダメだったことはもうずっとダメなんだ思うと
想像以上に選択肢と視野が狭くなるということを知っておくと、
のちのち効いてくると思いますよ。

正しいかどうかの判断って

正しいかどうかの判断はポイントを抑えればそこまで難しくないような。

  • 自分や他人を苦しめるものは間違ってる
  • 人の自立を阻むものは間違ってる

この2つだけで大概の選別は済むと思います。
苦しめるものについて補足するとすれば、

  • 心の余裕をなくすものは間違ってる
  • 我慢を強いるものは間違ってる

この2つがあれば大丈夫ではないでしょうか。

これらの考え方があるので、私は怠けさせるのも
自分を見失うほど追い立てるのも間違っていると思っています。
私はずっと追い立てられ続けてきたので、余計にそう思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TrackBack URL :
スポンサーリンク

『自分の感覚を信じるのと周りのアドバイスを聞くことは両立するよ?』へのコメント

  1. 名前:sefi 投稿日:2016/09/30(金) 17:00:45 ID:0db9079e2 返信

    こんにちは。自己肯定感についての記事をいろいろ読ませて頂いてます。いろんな方の記事がありますが、今回の「何が苦しめているのか」「苦しみとはなにか」「そこから解放されるにはどうしたらよいか」がとても分かりやすいので、読んでいて心地好かったです。
    私ごとですが、わたしは他人の意見を聞きすぎ、聞かなすぎの両極端でした。環境を色々変えてきましたが、どこへいっても、変わらないのは自分でした。いろいろ見つめ直したり、力んでたものを手放してみたり、いろいろやらなければいけなそうです。

    • 名前:purepure 投稿日:2016/09/30(金) 19:06:52 ID:65032acc7

      自己肯定感について自分の中でこれだと思うものはあるのですが、
      それを他の方に伝えるのがすごく難しいと感じています。
      同じ内容のものをいろいろな視点で書いてみて、その中の
      1つでも引っかかるものがあればいいなと思っているのですが。

      sefiさんがご指摘されている3つのポイント、
      それを今回の記事のどこから見出したのか、
      それがいまいち私の方でつかめていません。

      「何が苦しめているのか」
      :?

      「苦しみとはなにか」
      :心に重荷を抱えること?

      「そこから解放されるにはどうしたらよいか」
      :両極端にならないようにすること?

      さっぱり合っている気がしません。
      宜しかったら、sefiさんが掴んだものを
      教えて頂けないでしょうか。

      >いろいろ見つめ直したり、力んでたものを手放してみたり

      自分に非があったのかもと認められた時点で
      もう半分以上クリアできたも同然だと私は思います。
      その視点に立てた時点で今までの時間は無駄ではないと、
      そう思えると、状況はいい方向に動くのではないか
      とも思います。

      あとは時間を味方につけて焦らず確認していけば
      いいのではないでしょうか。

      頭の中で考えるのには限界がありますから、
      紙と鉛筆を使うと思考が驚くほど纏まりやすくなります。
      (ブログでもいいと思います)

      是非お試しください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

/////////////////////////////////// // ★Amazon用JavaScript /////////////////////////////////// ?>