上野さん【第6弾】6感想。この上から目線を「立派な心がけ」と指摘できますか?

スポンサーリンク

–¼Ì–¢Ý’è-2

第6回の質問内容

2年くらい「好き」と言い続け付き合えた彼氏が
「べつに付き合ってあげてもいいよ」と上から目線で
言ってきたのが気になります。

【第6弾】ラブホスタッフ@上野さん お悩み相談室(仮)第6回
http://eromance.jp/article/column/?id=3823

【第6弾】ラブホスタッフ@上野さん お悩み相談室(仮)一覧
http://eromance.jp/novel/index/?id=1224

この世にこんな回答ができる人が一体何人いるのでしょう。
凄いなあとしか言えません。
画像の金メダルがダブルミーニングで洒落ていると私は思いました。

Twitterはこんな感じでした

今回の記事で大事なポイント

珍しくTwitterの内容と本文の内容に僅かなズレを感じますが、
今回の質問は指摘しないといけないポイントがありすぎて
こうなっちゃったのかなと感じます。

しかし悪人ではないふたりのあいだに問題が起きるとき、それはたいていの場合、勘違いが原因で御座います。価値観の違いと言ってもよいでしょう。

勘違いを擦り合わせる文化がない日本ですから、
一度関係が崩れるともう壊すしか方法がないんですよね。
だから必死に空気を読んで誤魔化すしか手段がない。
もうちょっと何とかならないのかと私は思うのですが。

たいして好きでもないのですから『上から目線』になるのもしかたがないことでしょう。
<一部省略>
甘い言葉をかければいくらでも都合よくご質問者さまのことを利用できたでしょう。そうにも関わらず、その行動を取らなかったのですから立派な心がけだとすら思います。

ここが今回のハイライト。

この指摘がどれだけ凄いか、一体どれだけの人に伝わるのでしょう。
今回の上から目線が悪ではないと言える人がどれだけいるのでしょう。

いまのご質問者さまはまだ見えぬ「浮気相手」と競っているつもりかとは思いますが、浮気相手などはまだまだ軽い問題で御座います。
真の問題はなんといっても、そもそも『1番』という席が存在しないということ。

勘違いと妄想が見えない敵を生み、
勘違いを正さないから自分が苦しくなるのに。
以前の記事でも指摘したことがありましたけど、
どうしてそこまで自分を不幸にしたがるのか、その理由が私には分かりません。

er-ラブホスタッフ@上野さんがあなたのお悩みに答えてくれるようです。<ラブホスタッフ上野さん> (eロマンス新書)
er-ラブホスタッフ@上野さんがあなたのお悩みに答えてくれるようです。
<ラブホスタッフ上野さん> (eロマンス新書)

発売日:2015/07/23
価格:\441

関連記事はこちらから

カテゴリ「自己肯定感」の関連記事はこちら
http://purepure.wp.xdomain.jp/archives/category/self-affirmation

「上野さん」の関連記事はこちら
http://purepure.wp.xdomain.jp/?s=上野さん

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TrackBack URL :
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

/////////////////////////////////// // ★Amazon用JavaScript /////////////////////////////////// ?>