自己肯定感を扱った本で鬼束ちひろの歌詞が出てくるとか

スポンサーリンク

こんなの、思わず記事にしてしまいますよ。
最近、急にいい内容の本が増えたように感じます。
なお、引用された歌詞はcrowのサビの部分でした。

#9/13 内容が一部抜けていたので追加しました。

心の声に耳を傾ける 親と子の心のパイプは、うまく流れていますか? ~これ一つ解消すれば、子どもは輝いていく
心の声に耳を傾ける
親と子の心のパイプは、うまく流れていますか?
~これ一つ解消すれば、子どもは輝いていく

発売日:2016/03/11
価格:¥1,404

サビの歌詞はこんな内容です

1番のサビの歌詞がこちらです。

この鎧は重すぎる 私にはとても
優しささえ伝わらずに 倒れるのは嫌
もう誰も貴方を責めたりしない
そんなの早く脱いで

本に引用されていたのが
1番か2番のどちらだったのかは忘れました。

Amazonで少しだけ聴けます

Amazonの視聴音源でサビの一部が聴けますので、そちらをどうぞ。
10曲目です。

This Armor
This Armor
発売日:2002/03/06
価格:¥1,901

親向けの本なのがポイント

親も、悪くない。子どもも、悪くない。

とあります。
全ての内容の大前提としてこれがあるので、
親として困っている方に受け入れられやすくなっています。

子どもの自己肯定感が低くなる原因の大半が親にあるのは事実ですし、
そういう親を「毒親」と表現した本も割と多くありますが、
そういう本を当人(親)が読めるかというと、読めないんですよね。

自分が悪いと言われてそれを認められるほど強い人はそういませんし、
本人は悪いと思ってやっていないのですから。

そのため、「誰が悪い」という視点で考えるのは止めて、
どうすれば状況を変えていけるのかに注力しているのが
この本のとてもいいところだと思います。

自己肯定感について書かれた本が苦手だった人や、
原因は分かったけどどうすればいいのかが分からなかった人には
とてもいい一冊になっています。

割と新しい本ですから書店で立ち読みしてみては如何でしょうか。

心の声に耳を傾ける 親と子の心のパイプは、うまく流れていますか? ~これ一つ解消すれば、子どもは輝いていく
心の声に耳を傾ける
親と子の心のパイプは、うまく流れていますか?
~これ一つ解消すれば、子どもは輝いていく

発売日:2016/03/11
価格:¥1,404

親のせいではないと言える、もう一つの理由(9/13追加)

そもそも、何故親が子どもの自己肯定感を低くするような言動や行動を
取ってしまうのか、もっと分かりやすく言うとなぜ子どもの小さな失敗を
許せなくなるのかと言いますと、親が子どもの時に受けた心の傷が
そうさせるんですよね。

他人を許せない人の多くは、自分自身を許せない気持ちが自分の心の中に
あることがとても多いです。原因は自分の方にあるのに相手を責めるの
ですから、状況がよくなる訳がありません。

子どもの時に受けた心の傷は、その子の意識に関わらず一生背負っていく
十字架となります。それなのに、大人になると大半がその傷を忘れてしまいます。
「いい年なんだから」なんて言う人ほど、子どもの時の傷を忘れているので
非常に厄介です。

親自身が自分の傷を自覚することが最も必要なことで、そこから目を逸らせば
逸らすほど子どもが傷つきます。
ここを自覚できるようになると驚くほど状況が改善します。

子どもを許そうとする前に自分を許さないと状況は改善しません。
これに気づかないといつまでも同じ失敗を繰り返し、いつまでもいつまでも
子どもを追い込むことになります。子どもが何歳になっても、永遠に。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TrackBack URL :
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

/////////////////////////////////// // ★Amazon用JavaScript /////////////////////////////////// ?>