空気を読みすぎて疲れている方にお薦め #青春ブタ野郎シリーズ

スポンサーリンク

さくら荘のペットな彼女の作者、鴨志田一さんの新シリーズです。
私が読むのをここまで引っ張ったことに意味がありました。
半年前だとまだ早かったと思います。

5巻で思いがけない方向から来たパンチに打ちのめされましたけど、
ま、それは別記事で紹介しています。

青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない (電撃文庫)
青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない (電撃文庫)
発売日:2014/04/10
価格:¥659

5巻の紹介記事はこちら

こんなの反則です #青春ブタ野郎シリーズ
このシリーズはあとでもう一度記事にしますが、 とりあえず5巻の反則技にやられたので それとは別で書いておこうかなと思いまして。 こんな...

あらすじとか

6巻まで出ていますが5巻までのあらすじをざっと。

  1. 周りの空気を読んで空気になっていたら、本当に周りから見えなくなってしまうというお話。
  2. 空気を読むのに長けている少女が、空気を読むためにタイムループ(タイムリープ?)して未来が来なくなるお話。
  3. 一人が二人になるお話。
  4. 姉妹の体が入れ替わるお話。
  5. 引きこもりの妹が学校に行こうと頑張るお話。

学生時代の女子が陥りがちな考え方と、
その考え方でいるとどんな問題が起こるのか、
そして、どういう風に行動すれば状況を変えられるか、
これらがそれぞれのお話で綺麗に纏まっています。

ま、そんな視点でこの作品を読むのは
私のような酔狂な人だけでしょうけどさ。

5巻からは少し毛色が変わりますが、面白さは倍増します。

空気を読んでいられなくなる未来に備えてみては?

相手の空気を全力で読むことが正しいと考えていらっしゃる方は
一度読んでみることをお薦めします。
空気を読み続けると精神がすり減っていきますから、
どんなも頑張っていても必ず空気を読んでいられなくなる時が来ます。
多くの人がお互いの足を引っ張って疲弊していますから、
今の空気がおかしいと言ってくれる本は読むべきと思います。

この青春ブタ野郎シリーズを単なる読み物として受けとるのか、
空気の読み方や自己肯定感の改善に意味があると思うのかで
受け取り方が大きく変わると思います。
1つ言えるのは、作品としてすごく良くできているということです。
ラノベというジャンルに入れておくのが勿体無いくらい。
自己肯定感の改善のための本としてもトップクラスに優秀です。

お話の内容は私が「自己肯定感」カテゴリで書いた内容と
大部分が一致しますので、私の記事でさっぱり意味わかんないと
思われた方は、こちらの作品を読まれると理解が深まると思います。

今のラノベ、本当にすごすぎるんですけど。
というか、最近こういう視点の作品や本が急増していますので、
もしかしたら今の日本のこの鬱屈した空気も
数年経ったら変わってくるかもしれないですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TrackBack URL :
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

/////////////////////////////////// // ★Amazon用JavaScript /////////////////////////////////// ?>