もしも誰かを救うなら by #ラブホの上野さん(9/16更新)

スポンサーリンク

永田さんの漫画で心が救われている方は、お願いですから
ラブホスタッフの上野さんの記事や本を読んで頂きたいと思います。
上野さんの記事の方が遥かに大事なんです。

被害者気分でいる人がいつまでも暗闇から抜け出せない理由は
永田さんの漫画には書かれていません。
書かないのは、永田さんには必要ない(既に実行している)からです。

永田さんの漫画に共感された方が暗闇から抜け出すには、
多くの人が暗闇から抜け出せない理由を正確に書かれている
上野さんの記事や本を読む必要があります。

多くの方が目を背けている部分です。辛いのは分かりますが、
何とかしたいという覚悟があれば必ず状況は変えられます。
ぜひ、頑張って読んで下さい。

上野さんの本へのリンクはこちらです。
er-ラブホスタッフ@上野さんがあなたのお悩みに答えてくれるようです。
<ラブホスタッフ上野さん> (eロマンス新書)

記事へのリンクはこちらです

うつ病になった自分に見切りをつけた彼女と
もう一度友人くらいの関係になりたいという質問です。
(かなりオブラートに包んでいるとのことです)

http://ueno.link/2017/02/23/

これだけ親身な回答ができる方が、
いまどのくらいいらっしゃるのでしょう。
こんなに親身に叱ってもらえる質問者はどれだけ幸せなのでしょう。

上野さんのこの溢れんばかりの愛情を感じ取れる方は、
一体どのくらいいらっしゃるのでしょう。

ポイントを転載してご紹介します

気軽に「当然だ」などと言わない方がいいですよ。
覚悟をもって「当然だ」と仰るのであれば、私は何の文句も御座いませんが、少なくともその覚悟は「気軽に」言えるようなものでは御座いません。

私もその通りだと思います。

人一人救うっていうのは楽じゃない。君は自分が救われる側しかやったことがないから気軽にそんな言葉が吐けるだけに過ぎないんだよ。

そんな言葉というのは、
「付き合っているのだから自分を彼女が救うのが当然だ」
という内容の言葉と推測されます。

上野さんのこの言葉の重さが理解できないと、
自己肯定感の低さから抜け出すのは極めて難しいです。

(注意)
 質問者の自己肯定感は低くないです。
 自己肯定感の低い人向けの記事として書いているため、
 このような書き方になっています。

この世界で「不幸な人間は助けなきゃいけない」などという残酷な言葉を「気軽」に吐いている人間は、いつだって世間知らずの子供か「助けられる側」の人間に他なりません。
助ける側の苦労を知らないから、そんな残酷なことを気軽に言えるので御座います。

「残酷な言葉」と表現する上野さんのこのセンス。
見事という以外ありません。

この視点が欠如していると、
世の中の綺麗事が正しいと思って迷走します。

私も似たようなことをこちらの記事で書いています。

「一人交換日記」5通目感想。共依存を回避する方法 #永田カビ
今回のネタ ・永田さんの幸せの考え方はちょっと違うような ・他人を幸せにしようとすると共依存が始まる ・男女の本能の不思議 ...

人助けをしたいと思った人が不幸になるっておかしくない?
というものです。(謎かけだけで理由などは書いていません)

人を助けることってどれだけ覚悟がいることなのか。
それを知った時、それが故に自分は自分で救う必要があることを
心に深く刻むことになるでしょう。

自己肯定感の低さから抜け出すには、一時的に他人の手を借りても
最終的には自分の力で歩く覚悟が必要になります。
それを忘れないでほしいと思います。

やっぱり愛情を受け取れない人が多いか(9/16追加)

上野さんの記事の下に読者のコメント欄があるのですが、
もう、あまりの視野の狭さに読んでいて具合が悪くなりました。
反論したくて仕方ないから重箱の隅をつついて
鬼の首を取ったような気になるのでしょうけど。

上野さんの主張は、
・困っている人に手を貸すのが当然と思うのは傲慢の局地。

私の主張は、
・最終的に自分を治せるのは自分だけ。

これだけなのにな。

あと、専門の医者じゃないと治せないとコメントされている人も
多かったのですが、私の知っている範囲ですと専門の医者でも
治せない場合がほとんどですよ?治っていないから繰り返すのに。

物事の受け止め方を変えないと決して治らないので、
本を読み漁るのが一番の解決法だと私は思います。

そこに書かれている答えに気付けるかどうかは
読んでいる当人がどれだけ必死に向き合っているかで
決まってくるのかもしれません。
正直、数年で気付けるのなら凄い才能だと思いますよ。

今のラノベには答えが一杯書かれていますけど、
それに気づいている方はほとんどいないと思います。
そういう方にとって「ラノベ=下劣なもの」だから、
参考になるものは無いと思っているのでしょう。

関連記事はこちらから

「上野さん」の関連記事はこちら
http://purepure.wp.xdomain.jp/?s=上野さん

カテゴリ「自己肯定感」の関連記事はこちら
http://purepure.wp.xdomain.jp/archives/category/self-affirmation

「永田カビ」さんの関連記事はこちら
http://purepure.wp.xdomain.jp/?s=永田カビ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TrackBack URL :
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

/////////////////////////////////// // ★Amazon用JavaScript /////////////////////////////////// ?>