他人の幸せは、私にとってその3倍くらい幸せになる素

スポンサーリンク

人は精神的に満たされていないと他人を攻撃するので、
周りが幸せになることは、私にとって負担が分かりやすく
軽くなる唯一の方法でした。

でも、その理屈は周りには分からないので、
「xxxのためにこんなにしてやってるのに」
「xxxのためにこんなに我慢しているのに」
という、お決まりの精神攻撃を浴びる事になります。 #脅し文句

この脅し文句の怖いところ

この脅し文句が出る人は大体、
やってくれと一言も言っていないことや
それはしないでくれと言っていることだけをやり、
やってほしいと何度もお願いしたことは何一つしません。
ここの認識にズレがあることは相手には伝わりません。

上の脅し文句が出るということは、働きかける側の動機に
問題がありますから、受け手の人を例外なく不幸にします。
そういう人の出す空気を読んではいけない理由を
分からない人が意外と多いようなので書きますが、
満たされていない人の要求(欲求)には際限がないんですよ。
代償行為で心の隙間は絶対に埋まりません。

つまり、どんなに空気を読んでもいずれ読めなくなる、
やれと暗黙に言われていることがあまりに無理すぎてできなくなる、
そうなると上の脅し文句が出る訳です。

もう、最初からコミュニケーションなんて成立していないんです。
上から下に押し付けられる一方的な虐待なんです、これ。

状況を変えるのは容易ではありません

第三者を介在させないで状況を変えるには、
もうグーで殴るくらいの事はしないと無理だと思います。
・・・まあ、そうすると今度は全力で被害者ヅラするんですが。
そうは言っても、何もしないと病気になって動けなくなるだけです。
そんなこと、この記事の意味を理解されている方にはお分かりでしょう?

・攻撃してくる対象に近づかないようにする。
・自己肯定感が低い人はそう思わされているだけということを心に刻み、
 自分をそれ以上貶めないようにする。

この2つは状況を変える行動を起こすために不可欠です。
で、そこから死力を尽くして旅を始める必要があります。

自己肯定感に問題を感じていない人には何一つ通じませんから、
文字通り死ぬ気で動きまくり、経験値を積み上げ、
別のところに居場所を作るしかないと思います。
いえ、それができなくて延々と攻撃を受け続けるのも分かりますが、
分かりやすい解決方法なんて無いこともお分かりじゃないですか。

永田カビさんの漫画を見せて味方になってくれる人が周りに一人でも
できたら(特に母親)、少しは変わるのではないかと思うのですが、
誰かそうやって切り抜けた方はいらっしゃらないでしょうか。

こういう状況に陥っている方は決して少なくないので、
ここは、広く横展開をした方が気持ちが軽くなる気がしています。
気持ちを軽くするのは大事ですよ?
重たくなっている原因のほとんどが冤罪なのですから。

これだとタイトル詐欺になるかなー

大分迷ったのですけどいいタイトルが浮かばなかったので。

関連記事はこちらから

カテゴリ「自己肯定感」の記事一覧はこちら
http://purepure.wp.xdomain.jp/archives/category/self-affirmation

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TrackBack URL :
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

/////////////////////////////////// // ★Amazon用JavaScript /////////////////////////////////// ?>